• 背景色 
  • 文字サイズ 

境港(さかいこう)

境港の写真

重要港湾境港は、島根、鳥取両県の県境に位置していることから、昭和33年に両県による一部事務組合として境港管理組合が設立され、境港の整備管理運営が行われています。

境港は、北側に島根半島があり、山陰特有の冬季の季節風が遮られる恵まれた地形のため、古くからの天然の良港として日本海を行き来する船舶の寄港地として栄え、また、地理的にも敦賀、関門両港のほぼ中間に位置していることから戦前には日本海国内航路の要衝として、又対岸貿易港として大いに繁栄していました。

現在では、山陰地方最大の物流拠点港として年間14〜5千隻の船舶の入港があり、さらに平成7年にFAZ指定を受けたことから、今後は対岸貿易を主体とした環日本海時代の西日本の拠点港として、さらなる発展を遂げつつあります。

 

境港の概要

 境港の概要
管理者

境港管理組合(島根県・鳥取県による一部事務組合)

所在地

鳥取県境港市、島根県松江市

港湾指定日

港湾区域認昭和30年10月1日(港管第2308号)

港湾区域面積

1,176ha

臨港地区

最終指平成18年12月15日

臨港地区面積

327.8ha

 

境港に関する、お問い合わせ先

境港管理組合(外部サイト)

 〒684-0004鳥取県境港市大正町215みなとさかい交流館3階

 TEL:0859-42-3705

 FAX:0859-42-3735

島根のみなと一覧


お問い合わせ先

港湾空港課

〒690-0887 島根県松江市殿町8番地(県庁南庁舎)
0852-22-5201
0852-31-6247(FAX)
kouwankuukouka-kanrisya@pref.shimane.lg.jp