• 背景色 
  • 文字サイズ 

ラムサール条約とは?

湿地には、貝、魚、鳥、獣、植物など、さまざまな生物が生息しています。また漁業など人間の生活にも恩恵をもたらしています。一方で湿地は、工業排水や家庭排水などによる汚染や、開発による影響を受けやすいところでもあります。
人間や多くの生物にとって欠かすことのできない生息環境でありながら、容易に汚染や消滅してしまう湿地を、国際的に協力して保全し、次世代に伝えていくことを目的として、1971(昭和46)年にラムサール条約は作られ、1975(昭和50)年12月21日に発効しました。

ラムサール条約の正式名称

 

「ラムサール」とは、イランにある「ラムサール」という町の名前です。1971(昭和46)年、この町で「水鳥と湿地に関する国際会議」が開催され、条約が取り決められたため、町の名前をとってこう呼ばれています。

 

我が国は、1980(昭和55)年10月17日に締約国となり、釧路湿原を第1号の条約登録湿地として指定し、登録しました。その後、登録湿地の数は増え、2008(平成20)年11月1日現在、我が国のラムサール条約登録湿地は37箇所です。

 

条約の目的

ラムサール条約の正式名称が「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」となっていることから、水鳥保護条約であるとの印象を持たれることが多いのですが、3年に1度開催される条約締約国会議の決議や勧告を通じてその性格は大きく変化しており、現在では、水鳥だけではなく魚介類をはじめ湿地の持つ幅広い機能を保全するための条約となっています。

このような変化を象徴するものとして、以前は飛翔する水鳥をイメージしていたロゴマークが、1999(平成11)年1月からは水の流れと生命をイメージする新ロゴに変更されています。また、国際的に重要な湿地としての基準も同様に変遷を重ねてきており、1996(平成8)年に開催された第6回条約締約国会議において、水鳥に加えて魚類に関する基準が追加されています。

 

登録の条件

 日本では国が示す3つの条件を満たしていることが必要です。

 その1ラムサール条約で示されている湿地の基準を満たしていること

 その2国が指定している特別保護地区等に地域指定されていること

 その3地元自治体から条約登録の同意が得られていること

 

ズームアップ「ワイズ・ユース(賢明な利用)」って何?

 

ワイズユースとは

条約は、湿地を厳格に保護し、人の立入りを制限することを求めてはいません。

 
条約の第3条には、「湿地の保全を促進し、できる限り適正に利用することを促進する計画を作成し、実施する」と規定されています。

 

また、1987(昭和62)年に開催された第3回条約締約国会議において、「ワイズ・ユース(賢明な利用)」とは、「生態系の自然価値の維持と両立させた方法で、人類の利益のために湿地を持続的に利用すること」と定義されています。

 

このように条約は、むしろ持続的な利用を推進しています。

湿地(湖など)で獲れる魚や貝などの恩恵を受けつつ、その豊かな生態系を子孫に伝えられるように、守りながら利用していくことが、「賢明な利用」と言えます。

しじみ漁の写真
1日の漁獲量が適正に管理されている。

しじみ漁などは、「賢明な利用」と言えます。

葦を植えている写真

中海の保全のためヨシを植えています。

大人も子供も世代を越えて活動をしています。

 


 


お問い合わせ先

環境政策課宍道湖・中海対策推進室

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL:0852-22-6445