• 背景色 
  • 文字サイズ 

回収・処理に関するノウハウ情報:「3.清掃の実施」

3−2.清掃活動の記録

海岸清掃活動を実施する際、現地作業の記録を残すことにより、作業後の関係者への報告や、改善点の検討などに利用することができます。

海岸清掃に伴う現地での記載事項の例を紹介します。

 

記録事項 内容
現地での記録事項
天候等 当日の天気、風、気温等の状況を記録し、作業能率に関係する環境条件であったかどうかを確認する。
時間 開始・休憩・終了時刻を記録し、作業に要した時間を算定する。
作業人数 作業員の人数を記録し、作業に要した労力を算定する。
作業範囲 回収作業が終了した範囲(延長・面積)を図面等に記録し、作業量算定の基礎データとする。
回収内容 回収したごみの内容と量を記録し、作業量算定の基礎データとする。
現場写真 作業前・作業中・作業後の現場写真を記録する。作業前・後の現場写真は同じ場所で撮影する。
撮影地点は、漂着ごみの蓄積の多い地点を中心に代表的な複数の地点を選定する。
また特徴的な漂着ごみや搬出作業の状況、仮置き場の状況、収集・運搬作業の状況等も撮影する。
問題点 作業上の問題点が確認された場合は記録し、今後の回収・搬出計画に反映させるデータとする。
不足物 不足した用具類や人員等が確認された場合は記録し、今後の回収・搬出計画に反映させるデータとする。

出典:「海岸清掃事業マニュアル」(環境省水・大気環境局水環境課海洋環境室平成23年3月)

 

 


 


お問い合わせ先

廃棄物対策課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
(事務室は松江市殿町128番地 東庁舎4階にあります。)
TEL 0852-22-6151(課代表)
TEL 0852-22-5261(PCB廃棄物に関すること)
TEL 0852-22-6302(収集運搬業許可に関すること)
FAX 0852-22-6738
haikibutu@pref.shimane.lg.jp