• 背景色 
  • 文字サイズ 

江津浄水場施設見学について(島根県企業局西部事務所)

企業局電気事業工業用水道事業水道事業工業団地決算、業務環境保全地域貢献地域活動施設見学高野山風力発電斐伊川水道水質情報発電情報

江津浄水場では、水道施設を説明するパネルや模型を展示しています。
(ちなみに水道施設だけでなく、電気施設(水力発電や高野山風力発電)のパネルの展示もあります。)

一度来られた方も初めての方も、水のできる仕組みに興味のある方はぜひ見学にいらして下さい。(出前講座も行っています。)

見学希望の方は、西部事務所・水道課(電話番号0855(57)0222)までお問い合わせください。

 

平成30年度施設見学

5月大田市立久手小学校のみなさん

 江津市立高角小学校のみなさん

 

6月大田市立温泉津小学校のみなさん

 大田市立五十猛小学校のみなさん

 江津市立郷田小学校のみなさん

 川本町立川本小学校のみなさん

 

7月江津市立川波小学校のみなさん

 江津市立津宮小学校のみなさん

 

9月島根県立浜田ろう学校のみなさん

 江津市立渡津小学校のみなさん

 

10月江津市立江津東小学校のみなさん

 

5月24日大田市立久手小学校

見学アルバム
施設紹介DVDの鑑賞 監視室見学 質問タイム
久手小学校のみなさんにお越しいただきました。まず川の水がきれいになるまでの仕組みを紹介したDVDを見て、外で見学する前にお勉強です。

ビデオを見た後に中央監視室にある機械の説

明をしています。ここで金魚などの生物によ

る監視も行っています。

 

浄水場内での見学が終わって、みなさんから質問をうけているところです。見学して思ったことをたくさん質問していただきました。

 

5月30日江津市立高角小学校

見学アルバム
沈殿池 ろ過池 次亜生成室

高角小学校のみなさんにお越しいただきました。ここは沈澱池です。ここでは固めた汚れを8時間かけてゆっくり沈め、上に残ったきれいな水をとっています。

緩速ろ過池では、実際にろ過した水と江の川の水を比較して、水がきれいになっていることを確認してもらいました。

 

ここは「消毒液を作る」次亜室です。きれいにした水には必ず消毒液を入れなければいけません。その原料はなんと、みなさんの家庭でも使われているお塩なのです。

 

6月20日大田市立温泉津小学校

見学アルバム
監視室 フロック形成池 ろ過池の水比較

温泉津小学校のみなさんにお越し頂きました。ビデオを見た後、監視室の説明を行いました。ここでは、生物の監視などもしています。

ここはフロック形成池です。羽のような板がついた機械が回ることで、水と薬品を混ぜ、汚れの粒(フロック)をつくります。

 

ろ過された水と江の川の水を見比べてもらいました。ろ過した水は汚れがなくなり、透明度が高くなっていました。

 

 

6月22日大田市立五十猛小学校

見学アルバム
砂削り

浄水池の上

水の試飲

五十猛小学校のみなさんにお越し頂きました。写真は「砂削り」という作業を見学しているところです。

 

ここは浄水池です。消毒した後の水を貯める池です。きれいにした水が汚れることがないよう地下にあります。

 

見学が終わり、浄水場で作った水を飲みま

す。水を飲んだ後に質問をしてもらいます。

たくさんの質問をしてくれました

 

 

6月27日江津市立郷田小学校

見学アルバム
太陽光発電 浄水場の通気口 鯉の池

郷田小学校のみなさんにお越し頂きました。浄水場見学にあわせて、江津浄水場にある太陽光発電の見学も行いました。

 

浄水池はきれいな水が汚れないよう地下にあります。通気口からは塩素のにおいがしています。

 

西部事務所の入り口の前にある鯉の池です。鯉の池には江の川の水が使われています。

 

 

 

6月28日川本町立川本小学校

見学アルバム

ろ過池

次亜生成室 浄水池

川本小学校のみなさんにお越し頂きました。ここは緩速ろ過池です。ろ過池には微生物の膜があり、微生物のちからで水をきれいにしていることを勉強しました。

 

ここは次亜室です。ろ過しただけでは安全な水とは言えません。次亜室で作られた消毒を入れることで安全に水を飲むことができます。

 

浄水池はきれいにした水が汚れないよう地下にあります。浄水池の水はポンプの力で調整池に送られています。

 

 

 

7月4日江津市立川波小学校

見学アルバム
水道管 質問タイム ろ過池断面図

川波小学校のみなさんにお越し頂きました。

実際に使われている水道管を見てもらいました。用途によって管の大きさが変わっています。

 

見学が終わって、浄水場で作った水を飲んでもらいました。その後、みなさんが考えていた質問にお答えしました。

 

 

みなさんに見て頂いているのは実寸大のろ過池断面図です。砂面までの深さがだいたい90cm。その下に砂や石、レンガなどが積まれています。

 

 

7月9日江津市立津宮小学校

見学アルバム
着水井 砂削り 質問タイム

津宮小学校のみなさんにお越し頂きました。着水井は、江の川の水が最初に来る場所です。取水塔から8時間かけて浄水場に送られます。

 

 

砂削りの様子を見学しました。ろ過池はずっとつかっていると目詰まりするため、表面の藻や水草をはぎ取る作業をします。

 

 

 

見学が終わったら、浄水場で作った水を飲んで頂きました。水は体に必要不可欠なものです。しっかりと取って元気な生活をおくりましょう。

 

 

 

9月12日島根県立浜田ろう学校のみなさん

見学アルバム
ビデオで勉強しているところ フロックを作る実験

浜田ろう学校のみなさんに来て頂きました。ビデオを見て、江の川の水が水道水になるまでの仕組みをみてもらいました。

 

見学が終わった後、実際にフロック(汚れの粒)を作る実験を行いました。フロックが沈んで水の上側がきれいになっていることを確認してもらいました。

 

9月13日江津市立渡津小学校のみなさん

見学アルバム

ろ過池の見学 調整池 質問タイム
渡津小学校のみなさんにお越し頂きました。ろ過池には小石やレンガ、じゃりが下に敷き詰められていること、微生物がゴミを分解してくれることを学びました。

ここは浄水池です。消毒を入れて、安全になった水は、ポンプの力を使って山の上にある調整池へと送られます。

 

見学が終わったら、質問タイムです。みなさんが考えていた質問をたくさんいただきました。

 

10月4日江津市立江津東小学校のみなさん

見学アルバム

ビデオ 補砂工事 作った水を飲んでもらいました。

江津東小学校のみなさんにお越し頂きました。最初にビデオで水の作り方を勉強します。

補砂工事の様子を見学してもらいました。砂削りをしていくと砂が少なくなるため、削った砂を洗って、ろ過池に戻す工事です。 浄水場の水をみなさんにたくさん飲んでいただきました。大好評で用意していた水が売り切れてしまいました。

お問い合わせ先

企業局

島根県企業局 〒690-8501 松江市殿町8番地県庁南庁舎
Tel: 0852-22-5673(代表) Fax: 0852-22-5679
E-mail: ki-kyoku@pref.shimane.lg.jp