• 背景色 
  • 文字サイズ 

令和元年度の研究計画

研究計画
No. 研究テーマ名 研究内容 担当科名 事業名
1 放電プラズマ焼結法によるエネルギー産業へ向けた新製品の開発 放電プラズマ焼結法によって製造される新材料を応用し,風車の雷対策製品やパワー半導体の放熱部材などのエネルギー産業の信頼性向上に寄与する製品群を開発する。 無機材料技術科 県単基礎研究
2 島根県産ベントナイトの利用拡大に関する研究 Ca型ベントナイトが有する適度な保水性・粘性を活かした、ため池遮水材の開発をおこなう。 無機材料技術科 県単基礎研究
3 陰イオン吸着剤の最適化によるスラグ副産物中のフッ素の固定化 安価で性能のよい陰イオン吸着剤を開発し、スラグ中のフッ素を安定化することで再生資源として有効活用を図る。 無機材料技術科 資源循環
4 食品製造で生じる廃棄物の減量化および高度利用 食品業界、醸造業界における製造副産物を未利用資源とし、高付加価値化を目的とする。 生物応用科 資源循環
5 金属粉末成形技術を活用した新技術・新製品開発 金属粉末成形に関してセンターが有する技術の高度化を図る。また、県内企業からのニーズ提案やセンターからのシーズ提供を通じて技術支援を行い、新製品の開発を目指す。 生産技術科 県単基礎研究
6 レーザー加工技術を応用した部分的表面改質技術の開発 加工用レーザーとして利用が進むファイバーレーザーを用いた金属加工技術の構築を行う。また、金属材料およびその製品の高機能化を目的に、レーザーを応用した表面改質技術(焼入れ、合金化、複合化等)の開発を行う。 生産技術科 県単基礎研究
7 特注に対応できるモータ設計法の検討 製品に搭載されるモータは、汎用品を用いるとデザインを崩すことになるため、専用に設計された特注品が用いられることが多い。県内には特注モータの設計を受注し、生産までつなげられる企業がないことから、モータの設計法を確立し、技術移転を行うことで、県内で特注モータの設計、生産、供給を行える体制を構築することを目指す。 電子・電気技術科 県単基礎研究
8 FPGA利用による高速画像処理システムの開発 画像データのフィードバック制御への応用には高速な画像処理が必要となるが、実用的な画像処理をPCで実行することは速度的に困難な場合が多くある。そこで、処理内容をFPGAによりハードウェア化し、画像処理の高速化を実現することを目指す。 電子・電気技術科 県単基礎研究
9 IoT及びデータ収集分析技術による県内企業製品の再開発 IoT技術活用による県内企業製品・サービスの新機能開発、高付加価値化を目指す。まずは安価なセンサ・通信技術を利用し、データ収集分析を行うプロトタイプの開発を行う。 情報・ヒューマン
アメニティ科
県単基礎研究
10 外的筋サポートによる介護補助機器の開発 介助・介護補助機器として無電源で軽量、安価で耐水性が高い外装型のサポートスーツの開発を行っている。これを商品化するべくブラッシュアップすると共に、高齢ユーザに特有の課題に対応できるようIoT化を試みる。 情報・ヒューマン
アメニティ科
県単基礎研究
11 廃触媒等を活用した瓦原料粘土の高耐火度化と瓦の軽量化の研究 粘土・シルト・砂の配合比を最適化し、重量は2kg、曲げ破壊荷重は2200N以上のJ形瓦の実現を目指す。併せて廃触媒を配合した瓦を試作し、性能評価を行う。 無機材料・資源科 県単基礎研究
12 フライアッシュ・瓦等の有効利用に関する研究 フライアッシュや瓦粉砕物を配合した土木資材の開発を行う。 無機材料・資源科 資源循環
13 農産未利用資源および食品製造副産物の活用技術開発 食品加工や農業生産で生じる未利用品や規格外品、食品残渣の有効活用が求められている。県内の未利用資源を用いた醸造酢や抽出酢の製造可能性を検討する。また、食品製造副産物の減容、有効利用に関する検討を行う。 食品技術科 資源循環
14 農水産物残渣の利活用に関する研究 食品の製造過程では、加工残渣等の副産物が発生するが、有効利用できているのはわずかである。そこで、本研究では、これら副産物を食品素材や化粧品素材への応用を目指す。 農林水産素材加工科 資源循環

お問い合わせ先

産業技術センター

島根県産業技術センター(本所) 〒690-0816 島根県松江市北陵町1番
 TEL: 0852-60-5140 FAX: 0852-60-5144
 Mail: sangisen@pref.shimane.lg.jp

浜田技術センター(支所) 〒697-0006 島根県浜田市下府町388-3
 TEL: 0855-28-1266 FAX: 0855-28-1267
 Mail: hamagi@pref.shimane.lg.jp