• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根県立美術館

第52回島根県総合美術展〈県展〉

県民文化祭の美術展における入賞・入選作品等を展示します。

開催期間:11月16日(土)~24日(日)

第52回島根県総合美術展〈県展〉(外部サイト)

 

島根県立古代出雲歴史博物館

2019年11月18日(月)~2020年4月23日(木)は休館します。

詳しくはHPをご覧ください。

島根県立古代出雲歴史博物館の休館について(外部サイト)

 

島根県立八雲立つ風土記の丘

企画水辺の祭祀と出雲

古代の人々が水に捧げた祈りを紐解きます。

開催期間:10月5日(土)~12月2日(月)

企画水辺の祭祀と出雲(外部サイト)

 

 

宍道湖自然館ゴビウス

第43回特別魚屋さんの生きもの展~鮮度バツグン!活きた話題をお届け~

身近な食卓の魚介類をテーマにして特別展を開催します。

鮮魚コーナーでみかける魚介類、食べるだけじゃもったいない魅力や不思議さを飼育係ならではの視点でご紹介します。お楽しみに!

開催期間:11月13日(水)~2020年1月20日(月)

第43回特別魚屋さんの生きもの展~鮮度バツグン!活きた話題をお届け~(外部サイト)

 

常設展示

汽水をメインテーマにした体験学習型水族館で、島根県の川や宍道湖・中海に生息する生きもの約200種類1万点を展示しています。

 

出雲弥生の森博物館

島根県立三瓶自然館サヒメル

11月11日(月)から2020年4月中旬頃まで休館します。

詳しくはHPをご覧ください。

展示更新にともなう休館のお知らせ(外部サイト)

 

三瓶小豆原埋没林公園

石見銀山世界遺産センター

しまね海洋館アクアス

島根県立石見美術館(島根県芸術文化センター「グラントワ」内)

企画星とめぐる美術

開催期間:9月14日(土)~11月18日(月)

この展覧会は、美術作品を占星学で用いられる10天体に関連付けて読み解こうとする試みです。

美術と占星学の両者が人間の性質や社会の動きに焦点を当て成り立つという共通点に注目し、天体にまつわるキーワードを切り口として、絵画や写真、彫刻など、主に20世紀に制作された約60点の美術作品を紹介します。

企画星とめぐる美術(外部サイト)

 

しまね花の郷

松江城

松江歴史館

<企画展>郷土のオリンピアロードー先人の足跡ー

幻となった1940年東京オリンピックの招致に貢献し、スポーツ大国日本を築き上げ「日本近代スポーツの父」といわれる松江市出身の岸清一の功績や、郷土出身のオリンピック選手を中心に、その活躍を紹介します。
開催期間:12月20日(金)~2020年2月2日(日)

<企画展>郷土のオリンピアロードー先人の足跡ー(外部サイト)

 

和鋼博物館

安来市加納美術館

特別色絵茶碗に魅せられて

加納博基コレクションの中から備前焼以外のやきもの、華やかな色絵茶碗のコレクションを中心にご覧いただきます。

開催期間:11月9日(土)~12月23日(月)

特別色絵茶碗に魅せられて(外部サイト)

 

足立美術館

秋季特別展〈改元記念〉名画でふり返明治・大正・昭和の日本画

開催期間:8月31日(土)~11月30日(土)

明治、大正、昭和の日本画をご紹介します。元号が改まる機会に、名画によって過去をふり返る展覧会です。横山大観や竹内栖鳳ら、巨匠たちが活躍した時代に思いを馳せつつ、日本画の世界をお楽しみください。

秋季特別展〈改元記念〉名画でふり返明治・大正・昭和の日本画(外部サイト)

 

田部美術館

モニュメントミュージアム来待ストーン

出雲玉作資料館

安部榮四郎記念館

出雲かんべの里

奥出雲たたらと刀剣館

鍛練実演

毎月第2日曜日・第4土曜日10時〜11時半・13時〜14時半

定期的に日本刀鍛練実演を公開しています。奥出雲町在住の島根県伝統工芸士小林三兄弟による見事な実演をご覧下さい。

 

出雲文化伝承館

企画出雲の偉人たち

後生にその業績をのこしたい当市ゆかりの政治家、実業家、文化人、宗教家などの足跡を、様々な資料により紹介します。

開催期間:10月12日(土)~11月24日(日)

企画出雲の偉人たち(外部サイト)

 

特別アートになった猫たち展ー今も昔もねこが好きー

喜怒哀楽を表現した“猫百態”による「人と猫の200年」をお楽しみいただきます。

出雲文化伝承館・平田本陣記念2館同時開催!

開催期間:12月11日(水)~2020年2月2日(日)

 

 

平田本陣記念館

城戸真亜子展~ゆれるひかり~

開催期間:9月14日(土)~11月10日(日)

城戸真亜子展~ゆれるひかり~(外部サイト)

 

特別アートになった猫たち展ー今も昔もねこが好きー

喜怒哀楽を表現した“猫百態”による「人と猫の200年」をお楽しみいただきます。

出雲文化伝承館・平田本陣記念2館同時開催!

開催期間:12月11日(水)~2020年2月2日(日)

特別アートになった猫たち展ー今も昔もねこが好きー(外部サイト)

 

出雲民藝館

手錢記念館

荒神谷博物館

仁摩サンドミュージアム

The~笑顔と繋がりの伝播~

開催期間:9月7日(土)~12月22日(日)

作業療法士として介護施設に勤務する傍ら、書家として山陰を拠点に全国で活躍されている鳥取県出身の筆文字空間アーティスト河田弘樹氏の作品展です。

The~笑顔と繋がりの伝播~(外部サイト)

 

浜田市世界こども美術館

あそ木のアート展

地元浜田の木材を使用して制作した5組のアーティストによる、遊べる木の作品を一堂に紹介します。浜田の森や海をモチーフにしたパズルや、ブナの巨木で制作した触って楽しめる作品など、五感を通して体験してみてください。木の温もりを感じ、地域の魅力を再発見していただけることでしょう。

開催期間:10月12日(土)~2020年1月13日(日)

あそ木のアート展(外部サイト)

 

浜田市浜田郷土資料館

石正美術館

2019年度「石本正作品選3」

開催期間:10月22日(火・祝)〜12月22日(日)

現在当館のコレクションは石本作品だけで約14,000点を超える膨大な数となっています。これらの収蔵品を年4回の展示替えで紹介しながら、石本正の画業の全容をいつでもご覧いただけるのが「石本正作品選」です。
今回の作品選では、石本正が各地を巡った「旅」に注目し、旅を通して出会った心揺さぶる感動との出会いから生まれた作品を紹介する特別コーナーを設けています。地位や名声を拒み、95歳でこの世を去るまで、何ものにも捉われることなく独自の美を求める姿勢を貫いた石本正の足跡を、代表作の数々と共にご覧ください。

2019年度「石本正作品展3」(外部サイト)

 

石本正のアトリエより~ロマネスク素描紀行~

長い間アトリエで眠っていた数多くの作品の中から、これらの旅の中で描かれた未発表のスケッチを中心に展示します。ロマネスクへの憧れと、対象との心の対話から生まれた作品を心行くまでご覧ください。

開催期間:10月22日(火・祝)~12月22日(日)

石本正のアトリエより~ロマネスク素描紀行~(外部サイト)

 

今井美術館

天野勝則川漁師の水彩画

江津市桜江町在住の川漁師・天野勝則氏。水中で生き生きと泳ぐ鮎の姿、月明かりの下佇む野兎、夜明け近い川面の様子など、長年にわたり、江の川で川漁師として生きてきた天野勝則氏ならではの視点で描かれている。本展では、天野勝則氏の水彩画約100点を一堂に展示いたします。

開催期間:10月26日(土)~11月24日(日)

天野勝則川漁師の水彩画(外部サイト)

 

瑞穂ハンザケ自然館

津和野日本遺産センター

安野光雅美術館

温泉津やきものの里

絲原記念館

奥出雲多根自然博物館

島根県などのミュージアムについてもっと知りたい方はこちら


お問い合わせ先

広島事務所

■■ 島根県広島事務所 ■■
 〒730-0032 広島県広島市中区立町1-23(ごうぎん広島ビル6F)
 TEL:082-541-2410  FAX:082-541-2412 
 E-mail:hiroshima-ofc★pref.shimane.lg.jp
(メールアドレス中の★を@に変えてください)