• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根県立美術館

企画柳宗理デザイ美との対話

開催期間:1月24日(金)~3月23日(月)

戦後日本を代表するプロダクトデザイナーとして知られる柳宗理(1915-2011)。民藝運動の指導者の家庭に育った柳は、終戦後、本格的にデザインの仕事を始め、柳工業デザイン研究会を設立します。本展は、生涯にわたって多様なデザインを手がけ、山陰の民藝にも深い関わりを持った柳宗理の仕事の全貌に迫る展覧会です。

企画柳宗理デザイ美との対話(外部サイト)

 

島根県立古代出雲歴史博物館

2019年11月18日(月)~2020年4月23日(木)は休館します。

詳しくはHPをご覧ください。

島根県立古代出雲歴史博物館の休館について(外部サイト)

 

島根県立八雲立つ風土記の丘

変わりゆくお金スタイル~古代から現代まで~

開催期間:12月21日(土)~3月15日(日)

時代によって変わってゆくお金の姿を紹介する展示。

古代中国の貨幣や日本古代の貨幣、中世に大量に埋蔵された一括銭、江戸時代の寛永通宝や藩札、幕末以降の紙幣を紹介。

新貨幣が発表され、キャッシュレス決済などが注目をされる今、長い歴史を持つ貨幣に焦点を当てます。

変わりゆくお金スタイル~古代から現代まで~(外部サイト)

 

宍道湖自然館ゴビウス

第43回特別魚屋さんの生きもの展~鮮度バツグン!活きた話題をお届け~

身近な食卓の魚介類をテーマにして特別展を開催します。

鮮魚コーナーでみかける魚介類、食べるだけじゃもったいない魅力や不思議さを飼育係ならではの視点でご紹介します。お楽しみに!

開催期間:11月13日(水)~2020年1月20日(月)

第43回特別魚屋さんの生きもの展~鮮度バツグン!活きた話題をお届け~(外部サイト)

 

常設展示

汽水をメインテーマにした体験学習型水族館で、島根県の川や宍道湖・中海に生息する生きもの約200種類1万点を展示しています。

 

出雲弥生の森博物館

島根県立三瓶自然館サヒメル

11月11日(月)から2020年4月中旬頃まで休館します。

詳しくはHPをご覧ください。

展示更新にともなう休館のお知らせ(外部サイト)

 

三瓶小豆原埋没林公園

石見銀山世界遺産センター

しまね海洋館アクアス

特別展ひれあしわ~るど

開催期間:12月18日(水)~5月11日(月)

「ひれあし」を持つ仲間たちがアクアスに大集合!!

ひれあしの仲間の剥製13種類があなたを待ってますよ♪

きっとあなたもひれあしの虜に…?
ぜひ、あそびに来てください!

特別展ひれあしわ~るど(外部サイト)

 

島根県立石見美術館(島根県芸術文化センター「グラントワ」内)

富野由悠季の世界

開催日程:2020年1月11日(土)~3月23日(月)

富野由悠季は『機動戦士ガンダム』(1979年)、『Gのレコンギスタ』(2014年)などのガンダムシリーズの他、『伝説巨神イデオン』(1980年)、『聖戦士ダンバイン』(1983年)といった数多くのオリジナルアニメーションの総監督を務め、国内外に多大な影響を与えてきました。

これまで監督してきた各作品の特質を、富野直筆の絵コンテや、共に仕事をしたクリエーターたちのデザイン画、原画、撮影に使われたセル画などの原資料約3,000点によって検証するほか、自らの作品世界を掘り下げた小説、主題歌等の作詞などマルチな才能も紹介します。

富野由悠季の世界(外部サイト)

 

しまね花の郷

松江城

松江歴史館

<企画展>郷土のオリンピアロードー先人の足跡ー

幻となった1940年東京オリンピックの招致に貢献し、スポーツ大国日本を築き上げ「日本近代スポーツの父」といわれる松江市出身の岸清一の功績や、郷土出身のオリンピック選手を中心に、その活躍を紹介します。
開催期間:12月20日(金)~2020年2月2日(日)

<企画展>郷土のオリンピアロードー先人の足跡ー(外部サイト)

 

和鋼博物館

安来市加納美術館

足立美術館

冬季特別巨匠が愛した日本画のテーマ

開催期間:12月1日(日)~2020年2月29日(土)

画家たちが生涯に数多く描いたテーマに注目して作品をご紹介します。日本画の巨匠たちが愛し、追求した美をお楽しみください。

冬季特別巨匠が愛した日本画のテーマ(外部サイト)

 

 

田部美術館

モニュメントミュージアム来待ストーン

出雲玉作資料館

安部榮四郎記念館

出雲かんべの里

奥出雲たたらと刀剣館

鍛練実演

毎月第2日曜日・第4土曜日10時〜11時半・13時〜14時半

定期的に日本刀鍛練実演を公開しています。奥出雲町在住の島根県伝統工芸士小林三兄弟による見事な実演をご覧下さい。

 

出雲文化伝承館

特別アートになった猫たち展ー今も昔もねこが好きー

喜怒哀楽を表現した“猫百態”による「人と猫の200年」をお楽しみいただきます。

出雲文化伝承館・平田本陣記念2館同時開催!

開催期間:12月11日(水)~2020年2月2日(日)

特別アートになった猫たち展ー今も昔もねこが好きー(外部サイト)

 

 

平田本陣記念館

特別アートになった猫たち展ー今も昔もねこが好きー

喜怒哀楽を表現した“猫百態”による「人と猫の200年」をお楽しみいただきます。

出雲文化伝承館・平田本陣記念2館同時開催!

開催期間:12月11日(水)~2020年2月2日(日)

特別アートになった猫たち展ー今も昔もねこが好きー(外部サイト)

 

出雲民藝館

手錢記念館

荒神谷博物館

仁摩サンドミュージアム

浜田市世界こども美術館

あそ木のアート展

地元浜田の木材を使用して制作した5組のアーティストによる、遊べる木の作品を一堂に紹介します。浜田の森や海をモチーフにしたパズルや、ブナの巨木で制作した触って楽しめる作品など、五感を通して体験してみてください。木の温もりを感じ、地域の魅力を再発見していただけることでしょう。

開催期間:10月12日(土)~2020年1月13日(日)

あそ木のアート展(外部サイト)

 

浜田市浜田郷土資料館

石正美術館

2019年度「石本正作品選4」

開催期間:1月2日(木)~3月15日(日)

現在当館のコレクションは石本作品だけで約14,000点を超える膨大な数となっています。これらの収蔵品を年4回の展示替えで紹介しながら、石本正の画業の全容をいつでもご覧いただけるのが「石本正作品選」です。地位や名声を拒み、95歳でこの世を去るまで、何ものにも捉われることなく独自の美を求める姿勢を貫いた石本正の足跡を、代表作の数々と共にご覧ください。

2019年度「石本正作品選4」(外部サイト)

 

石本正・心の眼3~私を感動させた日本画~

開催期間:1月2日(木)~3月15日(日)

「絵は心である」という、石本が生涯の画業において大切にし続けた信念の下に蒐集した、心ある素晴らしい作品の数々をご紹介します。

石本正・心の眼3~私を感動させた日本画~(外部サイト)

 

今井美術館

今井美術館常設展

開催期間:12月9日(月)~2020年2月21日(金)

※12月21日(土)~1月5日(土)は休館

大規模な日本画の公募展、再興院展の全国巡回展開催館の一つである今井美術館は、巡回展参入以前より「院展出品作品による企画展」と題し独自の企画展を7回開催、のちに巡回展として今年で13回目を迎えました。まさに約20年間を「院展」と共に歩んできた美術館と言えます。今回は数ある収蔵コレクションの中から院展にゆかりのある作家の作品を中心に展示いたします。

今井美術館常設展(外部サイト)

 

瑞穂ハンザケ自然館

津和野日本遺産センター

安野光雅美術館

温泉津やきものの里

絲原記念館

奥出雲多根自然博物館

島根県などのミュージアムについてもっと知りたい方はこちら


お問い合わせ先

広島事務所

■■ 島根県広島事務所 ■■
 〒730-0032 広島県広島市中区立町1-23(ごうぎん広島ビル6F)
 TEL:082-541-2410  FAX:082-541-2412 
 E-mail:hiroshima-ofc★pref.shimane.lg.jp
(メールアドレス中の★を@に変えてください)