• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根県立美術館

東京富士美術館所日本美術の巨匠たち

開催期間:4月24日(金)~6月1日(月)

東京富士美術館が所蔵する日本美術コレクションから、近世絵画、浮世絵、近代日本画の各分野の作品により、桃山・江戸時代から明治・大正・昭和まで約300年間に活躍した日本美術の巨匠たち、その精華を一堂にご覧いただきます。
「巨匠」はなにゆえ「巨匠」と呼ばれるのかー。日本の美、その創造を担った美術家たちに焦点をあて、日本文化の核心に迫ります。

東京富士美術館所日本美術の巨匠たち(外部サイト)

 

島根県立古代出雲歴史博物館

2019年11月18日(月)~2020年4月23日(木)は休館します。

詳しくはHPをご覧ください。

島根県立古代出雲歴史博物館の休館について(外部サイト)

 

再オープン記念特別展「行雲州松平家と出雲国造家」

開催期間:4月24日(金)~5月18日(月)

東京国立博物館の格別な協力を得て、国宝「白糸縅鎧」(日御碕神社寄託)や、かつて松平家に伝来した文物など島根ゆかりの優れた文化財を「里帰り」させます。

また雲州松平家が京の御所に上洛した時の大名行列や、出雲国造家独自の神事「火継神事」「新嘗会」に伴う行列など、知られざる島根の歴史の魅力を新発見・初公開史料をまじえて紹介します。

再オープン記念特別展「行雲州松平家と出雲国造家」(外部サイト)

 

島根県立八雲立つ風土記の丘

令和元年度風土記の丘地内発掘調査速報展

開催期間:3月28日(土)~5月11日(月)

令和元年度、風土記の丘周辺で行われた様々な発掘について最新の情報をお届けします。
出雲最古級の横穴式石室と考えられる南下5号墳、政庁に係る東脇殿が発見された出雲国府跡など、注目の遺跡を紹介します。

令和元年度風土記の丘地内発掘調査速報展(外部サイト)

 

宍道湖自然館ゴビウス

ゴビウス忍者屋敷へようこそ!かくれ上手な生きものたち

開催期間:3月11日(水)~5月11日(月)

「かくれる」ことの得意な生きものたちを、忍者の術に見立てて紹介します。

ゴビウス忍者屋敷へようこそ!かくれ上手な生きものたち(外部サイト)

 

常設展示

汽水をメインテーマにした体験学習型水族館で、島根県の川や宍道湖・中海に生息する生きもの約200種類1万点を展示しています。

 

出雲弥生の森博物館

「『日本書紀』1300年記念・硯から見た古代の出雲」

開催期間:3月7日(土)~5月18日(月)

『日本書紀』がまとめられたのは、七世紀後半から八世紀のことでした。

当時の人びとが使った硯から、古代出雲の新たな一面が見えてきました。

春季企画展「『日本書紀』1300年記念・硯から見た古代の出雲」(外部サイト)

 

島根県立三瓶自然館サヒメル

11月11日(月)から2020年4月15日(水)まで休館します。

詳しくはHPをご覧ください。

展示更新にともなう休館のお知らせ(外部サイト)

 

春の企画展「絵巻物とみる三瓶山今昔」

開催期間:4月16日(木)~6月14日(日)

江戸期に著名な画家や文人らが三瓶山周辺の景勝地などを紹介した「三瓶山十二勝巻物」を中心に三瓶山の昔から今への移り変わりを紹介します。そのほかに、植樹祭で植えられる樹木や国の天然記念物「三瓶山自然林」、三瓶山のなつかしの写真なども紹介します。

春の企画展「絵巻物とみる三瓶山今昔」(外部サイト)

 

三瓶小豆原埋没林公園

石見銀山世界遺産センター

しまね海洋館アクアス

特別展ひれあしわ~るど

開催期間:12月18日(水)~5月11日(月)

「ひれあし」を持つ仲間たちがアクアスに大集合!!

ひれあしの仲間の剥製13種類があなたを待ってますよ♪

きっとあなたもひれあしの虜に…?
ぜひ、あそびに来てください!

特別展ひれあしわ~るど(外部サイト)

 

島根県立石見美術館(島根県芸術文化センター「グラントワ」内)

竹久夢二と乙女たちあこがれの美人、ときめきのモダンライフ

開催期間:4月18日(土)~6月8日(月)

竹久夢二の美人画のほか、書籍や雑誌、楽譜のグラフィックデザインなど、幅広い仕事を紹介します。そして夢二の作品から4つの要素を抜き出し、同時代の作品や後を追って活躍した画家たちの作品を交えながら、大正・昭和の乙女たちを魅了したイメージのひみつを探ります。

竹久夢二と乙女たちあこがれの美人、ときめきのモダンライフ(外部サイト)

 

しまね花の郷

松江城

松江歴史館

企画松江市につたわる指定文化財

開催期間:2月21日(金)~4月12日(日)※3月19日(木)は休館

松江市制130周年を記念し、松江市に伝わる指定文化財(有形文化財)の中から35件(60点)を展観し、それぞれの魅力を伝えるとともに、文化財保護、保存、継承の取り組みについてご紹介します。

企画松江市につたわる指定文化財(外部サイト)

 

和鋼博物館

安来市加納美術館

企画内藤和仲間と夢見るキルトの世界

開催期間:前期1月11日(土)~2月17日(月後期2月19日(水)~4月6日(月)

安来市在住のキルト作家内藤和美さんは、長く刺繍や編み物に取り組み、やがて古布をつかったキルト作品を発表するようになりました。2004年に制作した「ゲルニカに会いたくて」が「家庭画報大賞」(世界文化社主催)の審査員特別賞を受賞すると一躍注目を集めました。現在、多くの仲間と楽しみながら古布でつくるキルトの普及に励んでいます。

作品を通して、仲間やふるさとへの思いを表現し続ける内藤さんの世界に触れていただければ幸いです。

企画内藤和仲間と夢見るキルトの世界(外部サイト)

 

長谷川義史絵本原画へいわってすてきだね

開催期間:4月11日(土)~7月13日(月)

2014年に出版された『へいわってすてきだね』(文安里有生)を中心に、デビュー作の『おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん』、最新作『おおにしせんせい』他の絵本の原画を展示します。

長谷川義史絵本原画へいわってすてきだね(外部サイト)

 

足立美術館

春季特別開館50周美との出会いー名画に恋してー足立全康の審美眼

開催期間:3月1日(日)~5月31日(日)

当館のコレクションの基盤ともいえる足立全康(創設者)の眼で集めた日本画を、全康が作品に寄せた思いもあわせてご紹介します。

春季特別開館50周美との出会いー名画に恋してー足立全康の審美眼(外部サイト)

 

魯山人館開館記念美の創造北大路魯山

ー新収蔵品を含む名品を一挙公開ー

開催期間:4月1日(水)~6月30日(火)

北大路魯山人の作品だけを展示する新たな施設「魯山人館」の開館を記念し、当館が誇るコレクションの中から、新収蔵品を含む約120点の名品を厳選し、一挙公開します。魯山人作品を鑑賞するために設計された展示空間で、その芸術を心ゆくまでご堪能ください。

魯山人館開館記念美の創造北大路魯山ー新収蔵品を含む名品を一挙公開ー(外部サイト)

 

田部美術館

モニュメントミュージアム来待ストーン

出雲玉作資料館

安部榮四郎記念館

出雲かんべの里

奥出雲たたらと刀剣館

鍛練実演

毎月第2日曜日・第4土曜日10時〜11時半・13時〜14時半

定期的に日本刀鍛練実演を公開しています。奥出雲町在住の島根県伝統工芸士小林三兄弟による見事な実演をご覧下さい。

 

出雲文化伝承館

出雲の茶陶楽山、布志名の雅陶

開催期間:3月20日(金・祝)~5月10日(日)

楽山焼、布志名焼を中心に不昧と数寄者たちの美意識が薫る茶碗、水指の優品の数々を紹介します。

出雲の茶陶楽山、布志名の雅陶(外部サイト)

 

平田本陣記念館

羽賀翔一展

開催期間:2月29日(土)~5月31日(日)

「漫君たちはどう生きるか」の原作をはじめ、羽賀さんのデビュー作「インチキ君」から現在の作品まで紹介します。

羽賀翔一展(外部サイト)

 

出雲民藝館

手錢記念館

荒神谷博物館

仁摩サンドミュージアム

脳内スパークアート展

開催期間:3月1日(日)~6月28日(日)

生かされる幻覚ポップアーティストHIRAKU氏による展覧会です。

脳内スパークアート展(外部サイト)

 

浜田市世界こども美術館

つみき展

開催期間:3月14日(土)~5月31日(日)

造形デザイナー高橋綾氏が考案したユニークな“つみき”の数々を紹介するとともに、浜田の広葉樹を使用して制作した“つみき”の他、日本国内・世界各国のデザイン性の高い“つみき”を紹介し、実際に手に取って楽しんでいただくことができます。木だけでなく、コルクや磁石入りのものなど、素材もデザインも多様な“つみき”を体験することで、考える力と表現することの面白さを実感していただけることでしょう。

つみき展(外部サイト)

 

浜田市浜田郷土資料館

石正美術館

石本正「夢をえがいて」

開催期間:3月24日(火)~6月21日(日)

常識の枠にとらわれることなく、自由な心で夢を描いた作品の数々をテーマごとに展覧します。

石本正「夢をえがいて」(外部サイト)

 

今井美術館

佐々木恵未展「さくら舞う頃あなたに逢いたくて」

開催期間:3月14日(土)~4月26日(日)

59年という彼女の短い生涯を辿るとともに初期の作品や代表的な大作をはじめ、特に桜の季節が描かれた作品を中心に全館展示いたします。

佐々木恵未展「さくら舞う頃あなたに逢いたくて」(外部サイト)

 

瑞穂ハンザケ自然館

津和野日本遺産センター

安野光雅美術館

温泉津やきものの里

絲原記念館

奥出雲多根自然博物館

島根県などのミュージアムについてもっと知りたい方はこちら


お問い合わせ先

広島事務所

■■ 島根県広島事務所 ■■
 〒730-0032 広島県広島市中区立町1-23(ごうぎん広島ビル6F)
 TEL:082-541-2410  FAX:082-541-2412 
 E-mail:hiroshima-ofc★pref.shimane.lg.jp
(メールアドレス中の★を@に変えてください)