• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根県立美術館

島根県立古代出雲歴史博物館

編纂1300日本書紀と出雲

開催期間:10月9日(金)~12月6日(日)

『日本書紀』とそれにみえる神話・伝承、さらには解釈のありようを、歴史・美術・民俗などの文化財を通じて紹介いたします。そのなかで「出雲」がどのように捉えられてきたかについても再確認できる機会となれば幸いです。

編纂1300日本書紀と出雲(外部サイト)

 

島根県立八雲立つ風土記の丘

ミニ企画風土記の丘アニマルワールド~土の中の動物園~

開催期間:10月10日(土)~12月7日(月)

古代から近世までの人と動物の関りを楽しく紹介します。

ミニ企画風土記の丘アニマルワールド~土の中の動物園~(外部サイト)

 

宍道湖自然館ゴビウス

常設展示

汽水をメインテーマにした体験学習型水族館で、島根県の川や宍道湖・中海に生息する生きもの約200種類1万点を展示しています。

 

出雲弥生の森博物館

開館10周年記念特別「出雲・上塩冶築山古墳とその時代」

開催期間:9月26日(土)~12月21日(月)

今回取り上げる遺跡は、6世紀末に造られた出雲市上塩冶町の国史跡、上塩冶築山古墳です。2018(平成30年)年には、出土品が国の「重要文化財」に指定されました。展示では、この古墳と中国・四国地方の主要古墳の副葬品を展示します。日本の古代国家が成立する直前の時代について、上塩冶築山古墳を介して紹介します。

開館10周年記念特別「出雲・上塩冶築山古墳とその時代」(外部サイト)

 

島根県立三瓶自然館サヒメル

パネル展寄生虫の世界~あなたにめぐり逢うまで

開催期間:10月31日(土)~11月29日(日)

身近に生息している寄生生物のなぞに満ちた生態をナツメ社出版の「えげつないいきもの図鑑」のイラスト・解説パネルで紹介します。

寄生虫の世界~あなたにめぐり逢うまで(外部サイト)

 

三瓶小豆原埋没林公園

石見銀山世界遺産センター

しまね海洋館アクアス

特別展「~癒し~のアザラシ写真きっとあなたもアザラシの虜に」

開催期間:11月18日(水)~2021年1月11日(月・祝)

世の中大変な状況が続いておりますが、アクアスのアザラシたちのほのぼのとした写真をご覧いただき、みなさんに少しでも「癒し」をお届けできたらと思っています。今年度生まれたアザラシ「だいふく」の成長記録も大公開します!
 

特別展「~癒し~のアザラシ写真きっとあなたもアザラシの虜に」(外部サイト)

 

 

島根県立石見美術館(島根県芸術文化センター「グラントワ」内)

しまね花の郷

松江城

松江歴史館

出雲国を彩るかざり

開催期間:12月4日(金)~2021年2月7日(日)

神々の地といわれる出雲国には多くの社寺が存在し、祭礼や神楽など特色ある伝統行事を今も見ることができます。また古代には装身具や出雲特有の須恵器、近世には武家や庶民それぞれ特有のしつらえや意匠、調度品など「かざり」の文化が生まれ、年中行事やさまざまな風習を通して「かざり」を楽しんでいます。
本展では日本文化の特色の一つである「かざり」について、松江をはじめとした出雲地方にみられる姿を紹介します。

出雲国を彩るかざり(外部サイト)

 

和鋼博物館

安来市加納美術館

リニューアル工事に伴う休館のお知らせ

休館期間:9月29日(火)~2021年5月末日(予定)

※レストラン「やまさや」は通常営業

 

足立美術館

秋季特別開館50周日本画ベストアーティスト10

とっておきの名画ずらり

開催期間:8月31日(月)~11月30日(月)

当館のコレクションを代表する10人の巨匠たちの名画をご紹介します。横山大観、竹内栖鳳、川合玉堂、菱田春草、上村松園、橋本関雪、安田靫彦、川端龍子、榊原紫峰、伊東深水と、画風や題材は様々ですが、いずれも近代の日本画壇で数々の名作を発表し、確固たる地位を築いた巨匠たちです。足立美術館の10大巨匠による、とっておきの名画をお楽しみください。

秋季特別開館50周日本画ベストアーティスト10とっておきの名画ずらり(外部サイト)

 

冬季特別開館50周愛の日本あふれる愛情、慈しむ心

開催期間:12月1日(火)~2021年2月28日(日)

日本画に描かれた「愛」をテーマに、男女の愛情、家族愛、友愛、動物への愛など、様々な愛が感じられる作品をご紹介します。

冬季特別開館50周愛の日本あふれる愛情、慈しむ心(外部サイト)

 

田部美術館

モニュメントミュージアム来待ストーン

出雲玉作資料館

安部榮四郎記念館

出雲かんべの里

奥出雲たたらと刀剣館

鍛練実演

毎月第2日曜日・第4土曜日10時〜11時半・13時〜14時半

定期的に日本刀鍛練実演を公開しています。奥出雲町在住の島根県伝統工芸士小林三兄弟による見事な実演をご覧下さい。

 

出雲文化伝承館

平田本陣記念館

植田英夫写真悠久の流れー雲州平田ー

開催期間:前期展9月11日(金)~11月8日(日後期展12月4日(金)~2021年1月31日(日)

出雲市出身の写真家、植田英夫(1937生れ、神奈川県藤沢市在住)は故郷の自然を写真にとらえ続けています。エネルギッシュな行動力で何度も藤沢市と郷土を行き来し、四季折々の行事や伝統を追い求め記録に残しています。歴史を重ねた市内、特に雲州平田の文化が今も脈々と生きている証を写真を通して紹介します。

植田英夫写真悠久の流れー雲州平田ー(外部サイト)

 

出雲民藝館

手錢記念館

荒神谷博物館

仁摩サンドミュージアム

『いのちのひかり展』~生きとし生けるすべてのものたちへ~

開催期間:9月5日(土)~12月20日(日)

世界を癒やす光の画家「たけおまりこ」さんによる心癒やされる作品をご鑑賞ください。

『いのちのひかり展』~生きとし生けるすべてのものたちへ~(外部サイト)

 

浜田市世界こども美術館

動く木のアート展

開催期間:10月17日(土)~2021年1月11日(月・祝)

見て、触って、動かしながら五感を通して木のアートを体感できる展覧会です。

観覧は日時指定の【予約制】です。45分間の入替制となります。
インターネットまたはお電話で【ご予約】をお願いします。

動く木のアート展(外部サイト)

 

浜田市浜田郷土資料館

石正美術館

石本正「絵を描くということ」

開催期間:9月8日(火)~12月21日(月・祝)

賞を辞退するようになってからの後半生に描かれた代表作にスポットを当て、石本正が画家として貫いた姿勢と、生涯大切にしていた思いに触れます。

石本正「絵を描くということ」(外部サイト)

 

石本正日本画大賞展のあゆみー歴代受賞作品展ー

開催期間:11月3日(火・祝)~12月21日(月)

これまでの受賞作を一堂に展示し、〈石本正日本画大賞展〉の歩みを振り返ります。

石本正日本画大賞展のあゆみー歴代受賞作品展ー(外部サイト)

 

今井美術館

写真展「距離と感覚」太田章彦/杉村知美

開催期間:11月7日(土)~12月20日(土)

島根県松江市出身の太田章彦と杉村知美の二人展です。
松江市で生まれ育ち、高校卒業を機に離れるまでの時間をここで過ごし、そして離れてから数年経ち、帰ってきたときに生じている感情に目を向けることから、この二人展は始まりました。

写真展「距離と感覚」太田章彦/杉村知美(外部サイト)

 

瑞穂ハンザケ自然館

津和野日本遺産センター

安野光雅美術館

温泉津やきものの里

絲原記念館

奥出雲多根自然博物館

島根県などのミュージアムについてもっと知りたい方はこちら


お問い合わせ先

広島事務所

■■ 島根県広島事務所 ■■
 〒730-0032 広島県広島市中区立町1-23(ごうぎん広島ビル6F)
 TEL:082-541-2410  FAX:082-541-2412 
 E-mail:hiroshima-ofc★pref.shimane.lg.jp
(メールアドレス中の★を@に変えてください)