• 背景色 
  • 文字サイズ 

新型コロナウイルス感染症対農林水産業収益向上緊急対策事業(農業分)

→見直し後のホームページこちら

 

1.趣旨

 農林漁業者が、新型コロナウイルス禍においても経営を継続し、生産を回復・拡大できるような環境を整えるために必要な施設の整備や機械・設備の導入を支援するとともに、アフターコロナの新しい社会ニーズに対応した生産体制を新たに構築しようとする意欲ある地域・グループの前向きな取組を支援します。

 

2.事業の概要

(1)小規模事業者向け補助金

1)対象者:農業者又は法人(常時従業員20人以下の事業者)

2)対象となる取組

省力化・非接触化等に資するものであって、一般的に導入が経営の発展につながると県が認める機械・設備等の導入

園芸の省力化等(気象センサー、自動かん水システム、自走式ラジコン動噴など)

水稲の省力化等(リモコン除草機、高密度播種育苗用田植機・播種機、ドローンなど)

畜産の省力化等(飼料給餌機器、繁殖管理機器、暑熱・寒冷対策機器など)

GAP導入に必要な施設:国際水準GAP取得に必要な生産・労働環境整備(農薬保管庫、交差汚染防止のための仕切り板設置・施設修繕など)

3)補助率等:定額(上限50万円/農業者)

※複数の農業者による共同申請可(上限10人)

※集落営農法人については法人構成員(上限10人)×50万円で申請可

※他の国・県事業の上乗せは不可(経営継続補助金・集落営農スピ一ドアップ事業等)

※他の国・県事業のダブルエントリーは可(のちに事業のどちらかを選択)

(2)意欲ある地域・グループ向け補助金

1)対象者:県が指定する取組に挑戦する地域・グループ

2)対象となる取組

共同利用施設の整備

・米の共同利用施設(乾燥機、籾摺機、低温貯蔵庫、精米機など)

・高収益作物の調製・保管施設(建屋、冷蔵施設、調製機械など)

・子牛市場セリ機能向上設備(セリ参考情報表示システム、自動体高器など)

肉用牛肥育向け特別対策(飼料ミキサー、家畜・飼料運搬車など)

3)補助率

共同利用施設の整備:2/3(国事業と併用の場合1/3)、上限1億円

肉用牛肥育向け特別対策:定額、上限400万円(連携経営体数×40万円)

 

3.関係通知・資料

 

 

交付要綱本文(pdf形式,403KB)

 

様式第1号~第6号(WORD)(docx形式,26KB)

 

様式第1号別紙1~別紙3(EXCEL)(xlsx形式,51KB)

 

様式第5号別紙1~別紙3(EXCEL)(xlsx形式,27KB)

 

様式第7号(EXCEL)(xlsx形式,14KB)

 

参考様式(口座振替申出書)(WORD)(docx形式,53KB)

 

口座振替申出書記入例(法人)(pdf形式,173KB)

 

口座振替申出書記入例(個人)(pdf形式,184KB)

 

口座名義の略語(pdf形式,102KB)

 

 

 

4.予算額

令和2年9月補正643,000千円(農業・林業・水産全体で1,050,000千円)

 


お問い合わせ先

産地支援課

〒690-8501
島根県松江市殿町1番地
TEL:0852-22-5131
FAX:0852-22-6036
Mail:sanchishien@pref.shimane.lg.jp