• 背景色 
  • 文字サイズ 

掲載企業インタビュー   VOL.3

ハンズフリーLEDライト「LUMINURSE」 Doライト株式会社

 

両手が使える耳掛け式超軽量LEDライトを産学官連携で開発


 

日本唯一のAC(交流)駆動のLED照明を製造するDoライト株式会社(出雲市白枝町)は、「両手を使って夜間業務をしたい」という看護師の声を反映させ、入院患者に光ストレスを与えない耳掛け式ハンズフリーLEDライト「LUMINURSE(ルミナース)」を3年がかりで開発しました。島根大学医学部、島根富士通、島根県、出雲市と産学官連携によって誕生した、出雲市が認定する「出雲ブランド商品」です。

 

ルミナース

ハンズフリー LED ライト「LUMINURSE(ルミナース)」

 

▼現場の声を反映させ、アイデア凝らす

 

2014年11月、特殊なLED照明を開発する同社に、島根大学産学連携センターから「看護師から要望が強い、両手が使えて優しい光のLEDライトを作ってほしい」との依頼があり、同社の田中博之社長が「看護師や患者さんの役に立ちたい」と挑戦することにしました。

しかし同社の得意分野は大型LED照明で、開発ノウハウがありませんでした。また、市販のハンズフリーライトには医療現場で必要な一定範囲を照らすものがなく、医療用のライトには高価なヘッド式しかありませんでした。

そこで長年の付き合いがある島根富士通に相談し、15年4月から共同研究を始めました。現場の看護師約60人からアンケートを取り、聞き取り調査も行ってニーズを集めました。「両手が使える」「小さくて軽い」「耳に掛けると便利」「寝ている患者を起こさない」など想像を超える高度な要望が相次ぎました。

 

田中社長にお話を伺いました。

 田中社長に開発当時の想いを語っていただきました。

 

▼患者に光ストレスを与えない

 

看護師からの意見を参考に、60度の角度でおじぎすれば両手を使わなくても自動点灯するライトを発明しました。また、ライトを2つ組み込み、照射範囲の切り替えを実現。さらに患者に光の刺激を与えないため、2秒間かけてゆっくり点灯・消灯させる機能など、看護師が現場で抱くさまざまな悩みを解決する機能を叶えていきました。

特に困難だったのはライトを取り付けるヘッドバンドの強弱と形でした。ヘッドバンドは後頭部に装着しても簡単にずり落ちない適度な強度するほか、ライトはバンドの先端をマグネットにして装脱着できる機能を付けました。重さは37グラムと超軽量を実現し、16年8月に試作品を完成させ、17年9月から発売を開始しました。特許も国内と米国に申請しました。

創業10周年の今年、田中社長は「とにかく知名度をアップさせ、販売に注力したい。海外展開も見据えたい」と意気込んでいます。

 

ルミナースを説明する田中社長

ルミナースを説明する田中社長。

ライト側面にタッチセンサーがあり、照射範囲の調節が可能。

 


■会社概要

Doライト株式会社

代表取締役社長   田中 博之

所在地:島根県出雲市白枝町1147番地

http://dolight.jp/ (外部サイト)

TEL:0853ー24ー8380

FAX:0853ー24ー8381


お問い合わせ先

しまねブランド推進課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL:0852-22-5128
FAX:0852-22-6859
brand@pref.shimane.lg.jp