• 背景色 
  • 文字サイズ 

出前講座「しまねの農業農村整備すごろく」

 食料生産を担う農業は、私たちが生きていく上でなくてはならないものです。また、農村は、生活空間・レクリエーション・洪水防止などの機能を持っており、私たちの生活に重要な役割を担っています。しかし、日本では食料自給率の低下、農業者数・農地面積の減少、限界集落の増加などにあって農業・農村を取り巻く状況は大変に厳しいと言えます。

 農村整備課・農地整備課は、農業生産のために重要な農地・水路・農道・ため池・ポンプ場などの農業用施設の整備や農村の生活環境の整備を行っている部署で、農業農村の振興のためになくてはならない事業を行っています。この事業で整備される施設は、私たちが電気や水道や道路がなければ生活が困難になるように、農業者にとっては非常に大事なものです。そして、それらの施設が壊れることなどがあれば、私たちの食生活や日常生活にも影響がでてくることから、施設の維持・改善をしていくことが大切です。

 出前講座では、楽しみながら農業農村整備の役割などが学習できる「しまねの農業農村整備すごろく」を用いて、将来を担う子供たちに、農業・農村を支える農業農村整備の大切さについて理解してもらうことを目的としています。

出前講座の内容(45分で実施する場合の例)

  1. 農業に必要な施設等について簡単な説明を行った上で、4から5人のグループをつくり、実際にすごろくをやってみる。(30分)
  2. すごろくの中で出てきた施設について、パワーポイントの資料使って、その役割について学習する。(10分)
  3. 将来も持続的に農業を続けていくためには農地や農業用施設が重要であること、農業や農村は、食料生産だけでなく洪水防止や環境保全などの多面的な機能を持ち、別の角度からも農業や農村が重要であることを学習する。(5分)

出前写真1出前写真2出前写真3出前写真4

その他

  • 費用は無料です。
  • 島根県内の小学校であれば、どこにでも地方機関から県の職員を派遣します。(対象は、農業のことを学習する5年生が適当)
  • スケジュールの都合等によりご要望に沿えない場合もあります。ご了承ください。

出前講座のご注文

出前講座をご注文の際は、最寄りの事務所にご連絡の上、注文書<word29KB><PDF78KB>を提出してください。

 

○松江県土整備事務所・農林工務部農村整備課

 松江市東津田町1741-1(電話)0852-32-5650(FAX)0852-32-5669

○雲南県土整備事務所・農林工務部農村整備課

 雲南市木次町里方531-1(電話)0854-42-9540(FAX)0854-42-9661

○出雲県土整備事務所・農林工務部農村整備課

 出雲市大津町1139(電話)0853-30-5566(FAX)0853-30-5606

○県央県土整備事務所・農林工務部農村整備課

 邑智郡川本町大字川本265-3(電話)0855-72-9555(FAX)0855-72-9592

○県央県土整備事務所大田事業所・農村整備課

 大田市大田町大田イ1-3(電話)0854-84-9767(FAX)0854-84-9755

○浜田県土整備事務所・農林工務部農村整備課

 浜田市片庭町254(電話)0855-29-5597(FAX)0855-29-5623

○益田県土整備事務所・農林工務部農村整備課

 益田市昭和町13-1(電話)0856-31-9600(FAX)0856-31-9609

○隠岐支庁県土整備局・農林工務部農村整備課

 隠岐郡隠岐の島町港町塩口24(電話)08512-2-9644(FAX)08512-2-9760

 

質問等がございましたら、こちらにご連絡ください。

○島根県農林水産部農村整備課・企画調査グループ

 松江市殿町1(電話)0852-22-5142(FAX)0852-31-6274

かめ吉


お問い合わせ先

農村整備課

島根県農林水産部 農村整備課
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
電話 0852-22-5151
FAX 0852-31-6274
nouson@pref.shimane.lg.jp