化学

島根の環境政策を支える
専門職集団

化学

私たちは、化学の知見をベースに、公害、自然、地球環境などの社会活動をテクニカルに理解し、島根が誇る豊かな環境の保全と、その持続可能な活用を進めることで、島根に住む皆様の安全で快適な日常生活を確保することを目指しています。脱炭素社会や循環型社会を推進するための監視指導、大気・水・放射線などのモニタリングによる環境保全に取り組むとともに、環境影響評価や原子力防災を進め将来にも備える、そんな島根の環境政策を、技術面で担う仕事です。

化学

環境行政分野の仕事は、大気・水・土などの身近な生活環境の保全に関する業務や、将来に向けた脱炭素化社会や循環型社会の推進に関する業務など、いろいろな場面で県民の暮らしを支えていることが感じられる、やりがいのある仕事です。個人の成果を追求するのではなく、チームしまね、チーム化学職で島根の環境保全を支えることを心がけています。島根の環境政策を担う専門職集団の一員として、技術的知見と法制度を駆使した役所でしかできない仕事を進めていくことで、大きな成果が感じられる、魅力的な仕事です。

試験の種類

  • 大学卒業程度

主な配属先

  • 本庁
    環境生活部、防災部
  • 地方機関
    保健所、保健環境科学研究所、
    企業局各事務所等

先輩インタビュー

板垣 菜穂子

R2年度採用

松江保健所 環境衛生部
環境保全課 技師

板垣 菜穂子

採用後の勤務歴

R2年度~ 現所属
板垣 菜穂子

化学の視点を持ち、環境を保全する仕事

松江保健所の環境保全課では、環境に関する法令に基づいた業務を行っています。私は主に、土壌汚染対策、自動車リサイクル、工場等の排ガスや排水に関する届出の審査事務を担当しています。現場に出かけることもあり、年間計画に沿って河川の採水を行ったり、工場等から発生する排水が生活環境に影響を及ぼすことがないように立入検査を行っています。いずれも、化学的な視点から状況を紐解き、理解することが大切な仕事だと思います。

板垣 菜穂子

環境を守り、県民の生活を支える仕事

安全な生活のためには、水・大気・土壌環境の保全が不可欠です。一方で、現在、地球温暖化や廃棄物の不適正処理など、日常生活に深く関わる様々な環境問題があります。経済や産業活動、人々の意識などにより、刻々と変わる環境に対応しながら、県民のみなさまの安心安全な生活の支えとなる、環境を守る重要な仕事に携われることが魅力だと感じています。また、化学職の仕事は、行政分野から試験研究まで幅広くあります。様々な知識を身に付けられ、経験を積むことができるやりがいのある仕事だと思います。

過去の職員インタビュー

H28年度採用 出雲保健所/加藤季晋 READ MORE
H27年度採用 出雲保健所/高見桂 READ MORE
H26年度採用 益田保健所/金山隆 READ MORE
ホームに戻る
うえださん いっぺいくん

※撮影時のみマスクをはずしています。
※所属・役職等は取材当時のものです。