学校事務

子どもたちの学びを
支える仕事です

学校事務

学校事務職員は学校内で唯一の行政職員です。仕事内容は職員の給与や旅費の事務、経理事務、予算の管理や執行、児童生徒の就学・学籍の事務、備品や文書の管理等々、業務の幅が広いところが特徴です。加えて、地域に対する窓口でもあり、学校運営の全般に関わる仕事です。
主に各学校1名で勤務をすることになりますが、近隣校の学校事務職員で組織する事務グループに所属し、ベテランの学校事務職員からの指導や支援、日々の業務についての情報共有など、学校の枠を超えたサポート体制も整っています。

学校事務

学校事務職員の魅力は、なんと言っても子どもたちの成長を間近で見られること、関われることです。
学校は社会の状況に合わせて、常に変化をしていく場所です。その変化に対応していくために、様々な情報を見極めながら学校の未来をイメージしていく力が大切です。また、「事務職員」と聞くと裏方のような印象を持つことがあるかもしれませんが、そんなことはありません。教員とは異なる視点・立場を持っている学校事務職員だからこそ、学校運営に積極的に関わることが求められています。業務の幅が広い特性を活かし、より良い「島根の教育」を一緒に創造していきましょう。

試験の種類

  • 高校卒業程度

主な配属先

  • 市町村立小中学校

先輩インタビュー

角田 雅昭

H24年度採用

松江市立内中原小学校
主任主事

角田 雅昭

採用後の勤務歴

H24~26年度 松江市立母衣小学校
H27~28年度 松江市立忌部小学校
H29~R元年度 松江教育事務所 総務課
R2年度~ 現所属
角田 雅昭

学校現場で唯一の行政職員として

業務は、総務、財務、文書管理、備品管理、給与、旅費、学籍に関する事務などをはじめ、事務職員としての専門性を生かし学校運営に参画するなど、内容は多岐に渡ります。業務上、管理職(校長・教頭)とのつながりも多く、連携をしながら仕事を進めていきます。また市内や校区内の別の学校の事務職員とも助け合いながら仕事をしています。

角田 雅昭

子どもたちの健やかな学びのサポートを

学校事務職員の一番の魅力は、「人のために仕事ができる」ということです。
業務内容は多岐にわたっていますが、共通することは子どもたちや、他の教職員のためになる仕事であるということです。デスクワークをしていても単なる事務処理として捉えるのではなく、その業務の先にある、子どもたちの学びや成長する姿を想像して業務に取り組むことができ、仕事をする上でのモチベーションとなっています。

過去の職員インタビュー

H25年度採用 出雲市立河南中学校/光谷和也 READ MORE
H26年度採用 松江市佐太小学校/岡本圭介 READ MORE
H25年度採用 出雲市立遙堪小学校/奥井洸介 READ MORE
ホームに戻る
うえださん いっぺいくん

※撮影時のみマスクをはずしています。
※所属・役職等は取材当時のものです。