フラッシュ

「中国04総体」に向けて準備万全。
島根県立浜山体育館(カミアリーナ)
(大社町)

 
 
高校生達の機運高まる中国04総体300日前推進大会の様子

 8月1日から、島根県を中心に中国五県で開催される「平成16年度全国高等学校総合体育大会(中国04総体)」。現在、島根県内ではこの開催に向けた準備が着々と進んでいます。
 島根県では28競技30種目のうち14競技15種目の熱戦が繰り広げられます。
 メイン会場となる島根県立浜山公園(出雲市・大社町)では、平成14年に総合開会式の会場ともなる陸上競技場(9レーン)や補助競技場が完成し、昨年10月には剣道競技会場となる浜山体育館(愛称・カミアリーナ)が完成しました。
 カミアリーナは、鉄筋コンクリート2階建て延べ床面積9,935平方メートル。バスケットボールの公式コート3面が取れる山陰最大の床面積をもつメインアリーナには、固定席、可動席をあわせて約3500の観覧席があります。また、車椅子専用観覧スペース(16台収容)も設けられ、固定席の一部とこのスペースには、受信器(貸出あり)により場内放送を聞き取りやすくするための電磁ループ式集団補聴装置が設置されています。この他にサブアリーナやトレーニング室、小体育室などがあり、車椅子用シャワー室や授乳室、幼児室、エレベーターなどの施設も備えています。
 緑豊かな山並みを背景に、黒松の林に囲まれた自然豊かな島根県立浜山公園から、高校生たちの熱い夏が始まります。

●お問い合わせ
《中国04総体について》
島根県教育庁全国高校総体推進室
電話番号0852-22-5648
[URL]http://www2.pref.shimane.jp/soutai/index.htm
《カミアリーナについて》
島根県立浜山公園
電話番号0853-53-4533
[URL]http://www.shimanetoshikoen.jp/hamayama/


 
隠岐と本土をより快適に結ぶ新造船「フェリーおき」
新造船「フェリーおき」就航


  今まで24年間、隠岐と本土を結ぶ役割を担ってきた「フェリーおきじ」にかわり、4月1日より、新造船「フェリーおき」が就航します。総トン数約2,366トン、全長99.5メートル、幅16メートル。
 人にやさしい船づくりをモットーに各種バリアフリー設備を充実。車椅子のままで利用可能なバリアフリー席を始め、バリアフリーに対応したエレベーター、トイレなどが設置されており、乗船口からバリアフリー席までのアプローチの段差を解消し、通路幅も拡張。「授乳室」も設けました。
 さらに、完全分煙化に配慮。船内エントランス部には空気清浄器を備えた「喫煙コーナー」を新設。二等、特二等室などの一般客室内は完全禁煙で、客室内での副流煙の問題を解消しました。
 また、本船の主機関は環境に優しい「新型エンジン」を搭載。NOX(窒素酸化物)の排出削減に努めています。
人にやさしい「フェリーおき」で、快適な船旅をお楽しみください。

●お問い合わせ
隠岐汽船株式会社
電話番号08512-2-1122
[URL]http://www1.ocn.ne.jp/~okikisen/line.htm

フラッシュ/しまね人。シマネスクギャラリー

51号indexへ51号indexへ