しまね人。その底力 仏教の源流を訪ねて
チベット(西蔵)を目指した学僧
能海寛
のうみゆたか
明治元年(1868)〜没年不詳
故・俵国一博士
能海寛像
(金城町歴史民族資料館蔵)
 チベット探検の先駆者で宗教哲学者の能海寛は、那賀郡波佐村長田(現金城町)の浄蓮寺住職・能海法憧の次男に生まれました。
 京都西本願寺の普通教校、慶応義塾、東洋大学の前身である哲学館などに学び、仏教哲学で知られる南条文雄の影響でチベット探検を志します。明治26年に仏教論文『世界に於ける仏教徒』を自費出版。当時の日本の仏教の現状をふまえ、事実上鎖国状態で外国の影響を受けていないチベット大蔵経原典を入手するためチベット探検の必要性を説きました。
 明治31年帰郷の際に結婚しましたが、その後、妻を残して同年11月に上海に向けて神戸港を出港。32年8月、中支四川省の巴塘からチベット入りを試みますが強盗や山犬に襲われ断念。さらに33年8月、今度は北支の新疆省側から入蔵を試みますが、ここでも難路と盗賊に阻まれて引き返します。
 34年4月18日、雲南省の大理府から「これより西蔵境に入るを持って音信能わず」という手紙を最期に寛は消息を絶ちました。寛は生きて故郷の地を踏むことはありませんでしたが、金剛般若経や金光明経などチベット語経典や仏像類など貴重な資料を日本に送り、その資料は現在大谷大学と金城町歴史民俗資料館に収蔵されています。
 さらに、昭和61年、生家である浄蓮寺から木箱10箱に入った膨大な資料が、平成8年にも直筆地図、スケッチ、日記など約150点の新資料が発見されました。それらは、謎の多かった寛の旅の様子や現地から伝えたかったであろうテーマなどを解明する貴重な手がかりとなりました。没後百余年の時を経て能海寛の「不惜身命」の精神は甦ろうとしています。

さらに詳しく知りたい方に
金城町歴史民俗資料館
 能海寛の遺品が所蔵される金城町歴史民俗資料館は、約180年前に建てられた「たたら蔵」を利用した資料館です。二丁ふいごの復元をはじめ、たたら関係の文献、資料約500点、製鉄用具約80点、町内から出土した埋蔵文化財等が展示されています。さらに、同町出身日本近代演劇の祖、島村抱月の遺品なども展示しています。能海寛の遺品として消息を絶つ直前に送ってきたサンスクリット語の経典や仏像などが所蔵されています。

金城町歴史民俗資料館

金城町歴史民族資料館に展示される能海寛の資料の数々●DATA
所在地/那賀郡金城町波佐
電 話/(0855)44-0146
入館料/大人300円 中学生100円 小学生60円
開館時間/午前9時〜午後5時
休館日/祝日・年末年始

フラッシュ/しまね人。/シマネスクギャラリー

49号indexへ49号indexへ