FLASH

ソフトビジネスパーク島根オープン
松江(まつえ)
松江市街に隣接するソフトビジネスパークと中核施設「テクノアークしまね」  産業の高度化を目指し、島根大学北側の丘陵地に島根県が整備する、県内初の研究開発型企業団地「ソフトビジネスパーク島根」が、10月25日にオープンします。
 ここには、新産業の担い手となる研究開発型企業やソフト産業、意欲ある起業家らが集まるための土地や施設を用意するほか、県内企業を支援する機能を集めています。パーク内の中核施設「テクノアークしまね」を拠点に産学官のネットワークを作り上げ、技術・情報・交流による新産業の創出を目指して行きます。
 11月2〜4日の、3日間にわたっておこなわれるオープニングイベントでは、広く「ソフトビジネスパーク島根」を理解してもらうために施設の一般公開や、小中学生、家族連れを対象とした参加型科学実験のコーナー「青少年のための科学の祭典SBP(Soft Business Park)大会」、さらにくにびきメッセを会場とした県内企業の自社製品や独自の加工技術等の展示会「夢・人・技術ふれあいフェア」、大学や公設試験場、民間企業が保有する特許技術を紹介する「特許流通フェア」など地域社会と科学が触れ合う機会として、さまざまなイベントを開催する予定です。
●お問い合わせ
 島根県商工労働部企業振興課
 ソフトビジネスパーク建設係
 tel 0852-22-6478
 http://www.joho-shimane.or.jp/pref/sbp/

第18回伝統的工芸品月間国民会議全国大会
松江市
第16回大会静岡会場の様子  11月に定められた「伝統的工芸品月間」に併せ、毎年11月に全国各地で開催されてきた「伝統的工芸品月間国民会議全国大会」。今年は松江市において、11月14日から18日までの5日間にわたり開催されることになりました。
 本大会は「伝統的工芸品」に対する理解を深めるとともに、地場産業として地域経済や文化の発展に貢献している事業者の意欲を高めることを目的に行われます。
 大会2日目の11月15日からは、くにびきメッセを会場に、全国195品目におよぶ伝統的工芸品を一堂に集め、展示・実演・販売されるほか、8つの工芸品別広場が設けられ、島根県の出雲石灯ろう、石見焼のろくろ成形の実演などの卓越した伝統工芸士の技を見学することができます。また、石州和紙の染め紙、雲州そろばんなどの製作を体験できる「チャレンジコーナー」など、楽しいイベントも用意されています。
●開催日
 平成13年11月14日(水)〜18日(日)
●場所
 島根県民会館・くにびきメッセ
●お問い合わせ
 島根県観光振興課物産振興係
 tel 0852-22-5284

第21回技能グランプリ
〜神々が集う国しまね 2001〜
松江市
技能グランプリの様子  技能士の一層の技能向上と産業の振興を目的として昭和57年より開催されてきた「技能グランプリ」。第21回となる本大会は、地方で開催される初めての大会となり、「2001神話の国で光る技」をスローガンに、島根の特色を活かした大会になっています。
 競技種目は27種類。建築大工や和裁、洋裁、畳製作など、各種目の技能を競います。なかでも「かわらぶき競技」には、島根を代表する瓦「石州瓦」を使い、島根らしさを演出しています。そのほかの特色として、島根県が友好交流を行っている北東アジア地域から技能交流団を招き、各地域で生まれたすばらしい技能が披露されます。
 さらに併催イベントとして行われる「ロボットの技博覧会」は、最先端技術を搭載したロボットを始め、ペットロボットなどさまざまなロボットが登場します。熟練の技能からハイテクロボットまで、大人から子供まで楽しめる大会となっています。
●開催日
 平成13年11月24日(土)〜27日(火)
●場所
 くにびきメッセ・松江市総合体育館・ポリテクセンター島根・鹿島町ニューウェーブ
●お問い合わせ
 第21回技能グランプリ
 島根大会推進協議会事務局
 tel 0852-26-5304

[ フラッシュ / 島根の祭り / 島根の一番 ]


フラッシュ
[ Index ]