わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと 人には告げよ 海人の釣り舟
眼前に迫り来る隠岐島(知夫村)
大海原、その海原の多くの島々をめがけて舟を漕ぎ出したと都の人に告げてくれ。海人の釣り舟よ。
和歌に詠まれた

島 根
この歌は、小野篁おののたかむらが隠岐に流される時に詠んだもの。『古今和歌集』のほか、『百人一首』にも収められている。文人として名高い小野篁は、承和元(834)年、仁明にんみょう天皇より遣唐副使に任ぜられた。しかし承和じょうわ5(838)年の出航にあたって大使の藤原常嗣ふじわらのつねつぐの専横に怒り、病と称して乗船しなかった。また、この時に「西道謠さいどうよう」という多くの忌避きひにふれた漢詩をつくり、嵯峨上皇の怒りにふれたという。篁は「国命不遂こくめいとげず」の罪により承和6(839)年に遠流の地である隠岐へ流されたが、翌年には罪を許され、後に高位高官を得た。遣唐使の派遣は結局これが最後となったが、流罪地の隠岐へ行かねばならなかった篁の心境はいかばかりであろうか。
(田村葉子・松江市在住)