FLASH フラッシュ



<東京・広島>
毎回好評を博している島根の物産展が今年も東京・広島で開催されます。物産展では、島根の銘菓や郷土料理、農産物や水産加工品の販売、工芸品の実演・展示・即売のほか、各地の観光スポット、イベントの紹介、郷土芸能の公演などを織り込み、盛りだくさんの内容で島根県の魅力をPRします。

会場には、毎回足を運んでお目当ての特産品を購入するファンもあり、この物産展を通じて都市圏と島根県各地との交流が図られています。島根を身近に感じることができるこの物産展は年々盛り上がりを見せており、今回も多くの来場者が見込まれています。

■第12回ふるさとフェア全国観光と物産展
写真
ふるさとフェア'99(東京ドーム)
全国各地から、その土地ならではの物産が一堂に集いPRを繰り広げます。
島根県では、特産品や観光スポットをアピールするほか、安来節(やすぎぶし)や関(せき)の五本松節(ごほんまつぶし)、しげさ節などの代表的な民謡や郷土芸能を披露します。

●会場/東京ドーム(東京都文京区後楽1-3-61)
●日程/平成12年1月21日(金)〜23日(日)
●主催/読売新聞社・日本テレビ放送網

■第3回島根ふるさとフェア
写真
'99島根ふるさとフェア(広島サンプラザ)
島根県内の全市町村が広域圏別に各地の魅力を紹介し、広島県との交流を深めていきます。また、石見神楽(いわみかぐら)などを上演し会場を熱気で包み込みます。

●会場/広島県立総合体育館「広島グリーンアリーナ」「サンクンガーデン」(広島市中区基町4-1)
●日程/平成12年1月22日(土)・23日(日)
●主催/島根ふるさとフェア実行委員会

■まるごと“しまね”フェア
写真
にぎわいをみせる物産展会場
前回7000通もの応募があった好評の抽選会が今回も行われ、島根旅行や特産品がプレゼントされます。また、郷土芸能も披露され、文字通り、島根県の魅力を「まるごと」楽しむことができます。

●会場/東急百貨店東横店(東京都渋谷区渋谷2-24-1)
●日程/平成12年2月18日(木)〜23日(火)
●主催/島根県

●島根の物産展問い合わせ
島根県観光振興課 TEL0852−22−5284


」オ
<六日市町むいかいちちょう>
島根県唯一の中国自動車道インターチェンジ(六日市IC)を擁し、山口、広島、九州方面からも多くの人々が訪れる六日市町に、平成12年5月、「むいかいち温泉ゆ・ら・ら」が誕生します。

およそ1万5000平方メートルの広大な敷地内に立つ同施設は、大きな窓ガラスからあふれる光が清潔感漂う平屋の建物で、露天風呂や寝湯、座湯、ドライサウナなどを備えた温泉施設をはじめ、屋内外のプール、地元の食材や近辺の河川でとれる新鮮な魚を提供する食事処、宿泊施設(8室)などがあります。

このほか敷地内には、町出身の彫刻家、東京芸術大学学長澄川喜一氏の作品が展示されるモニュメント公園もあり、訪れた人々の交流の場となるよう整備されます。

六日市町では、「むいかいち温泉ゆ・ら・ら」を「新湯治場」として新しい温泉文化をつくり上げていくとともに、利用者の健康と福祉の増進、地域活性化の一翼となることを目指していきます。
●所在地
島根県鹿足郡六日市町大字有飯233-2
●問い合わせ/六日市町役場企画課 TEL08567−7−1111



<瑞穂町みずほちょう>
豊かな緑の山々に囲まれた町、瑞穂町。その瑞穂町の美しい自然の中に生きる特別天然記念物・ハンザケ(オオサンショウウオ)。平成12年4月にオープンする「瑞穂ハンザケ自然館」は、いまだ生態に多くの謎を秘める不思議な生き物、オオサンショウウオの観察・学習・研究を通して、自然の偉大さ、環境保全の重要さをあらためて感じることができる施設です。

館内に入ると、まず「レクチャールーム」にある100インチの大画面で、オオサンショウウオに対面。続いて展示室では、海から陸への生命の進化をたどりながら、オオサンショウウオの誕生の秘密や、解明されつつある姿を紹介していきます。そして、この資料館の大きな特徴である皮膚の手触りやにおい、呼吸の音などが体感できるコーナーでは、五感を通してオオサンショウウオを感じてもらえるよう工夫をこらしています。

オオサンショウウオをはぐくむ瑞穂町の豊かな自然を屋内に再現したこの自然館では、訪れた人々に恵まれた自然環境をアピールするとともに、その大切さを訴えていきます。
●所在地
邑智郡瑞穂町大字上亀谷475他
●問い合わせ/瑞穂町教育委員会 TEL0855−83−1128