写真
大正初期の松江大橋
 











しまねの百年 大正期の水郷松江




大社と京都を結ぶ山陰鉄道が開通したのは1912年(明治45)のことで、それを機に多くの人たちが山陰を訪れるようになる。そのなかで、文人による山陰を舞台にした作品も発表されてゆくが、文人たちの心をとらえた大正期の山陰の姿をみてゆくことにしたい。

心安まる山陰の風土


志賀直哉と里見とんが一緒に山陰で遊んだのは、1914年(大正3)であった。松江に来て大橋から宍道湖を眺望した里見は、『ある年の初夏』(大正6年刊)のなかで、「やっぱり出掛けてきてよかった」と初印象を記している。

「騒々そうぞうしい停車場を出て、陽炎かげろうのユラユラ揺れている駅前の広い砂利場に立った時には、いかにも新開地といった風なひどくザラついた印象を受けてうんざりしてしまったが、車があの名高い大橋にかかって、左に渺々びょうびょうたる宍道湖を、右に船舶や橋の河岸の家々が映った大川を眺めた時には、“ああやっぱり出掛けてきてよかった”と思った。」

松江で志賀は、里見とは別に家を借りて3か月を過した。大都会での生活に心身ともに疲れていた志賀には、松江での暮らしは、心の安まる毎日であったようで、『濠端ほりばたの住い』(大正13年刊)のなかでその暮らしぶりを次のように描いている。

「一ト夏山陰松江で暮らした事がある。町はづれの濠に臨んだささやかな家で独り住まいには申し分なかった。庭から石段で直ぐ濠になっている。対岸は城の裏の森で大きな木が幹を傾け、水の上に低く枝を延ばしている。水は浅く真菰まこもが生え寂びた工合、濠と云ふより古い池の趣であった。」

「私は此処で出来るだけ簡素な暮らしをした。人と人との交渉で疲れ切った都会の生活から来ると、大変心が安まった。虫と鳥と水と草と空と、それから最後に人間との交渉ある暮らしだった。」

山陰のおだやかな空と雲、水、そして虫と鳥と魚、志賀と里見にとっては、思いもかけない贈りものであったようだ。もともと松江を訪れることにしたのも、ヘルンが気に入った町という理由だけであるから、水郷松江のたたずまいは新しい発見であった。そして二人はヘルンの足跡を尋ねて遊び、「小泉八雲のきれいな温和な心に映り、驚嘆すべき紀行文のうちに書き綴られているこれらの、旧ふるい神話の舞台である土地は、私たちにも忘れられない美しい印象を残した」と、里見は書いている。

水郷松江への讃歌


その翌年の8月には芥川あくたがわ龍之介がやってきた。

「松江へ来て、まず自分の心を惹いたものは、この市を縦横に貫いている川と水と、その川の上に架けられた多くの木造の橋であった」と、川と木橋でつくっている水郷松江の美しい環境を「松江印象記」(『松陽新報』に寄稿)で記すのであった。

写真
月に照らし出される大正期の嫁ヶ島(松江市)
「堀川に沿ふて造られた街衢がいくの井然せいぜんたる事は、松江に入ると共に先づ自分を驚かしたものの一つである。しかも処々に散見する白楊ポプラの立樹たちぎは、如何に深くこの幽鬱な落葉樹が水郷の土と空気とに親しみを持っているかを語っている。」

「水は松江を縦横に貫流して、その光と影との限りない調和を示しながら、随所に空と家とその間に飛び交ふ燕つばめの影とを映して、絶えずものうい呟つぶやきを、ここに住む人間に伝へつつあるのである。」

こうした水郷讃歌を書いた芥川を松江に誘ったのは、東大で同期であった津和野出身の井川恭いがわきょうである。井川は恒藤つねとうと改め、のちに大阪市大の学長となる人。井川には、『松陽新報』で発表した「松江美論」(大正2年)があり、「松江の誇りは自然と人爲の巧たくみな調和にある。この市が彼の湖のふところに抱かれて、静かに安らかに、朝にはあしたの、夕にはゆふべのなつかしい夢に見耽ふけって居る所に、松江の美しさがある」と記す。近代化ということで松江がもっている昔ながらの水郷の姿が、最近になって改変されていっている状態に対して、警鐘を鳴らしたのである。

「松江から湖と川とを除き去ったら、後あとに何が残るだろうか。まことや市の生命は水にある。かの碧き水にある…。水の都と云ふのは、松江に最も適ふさはしい美しい形容の辞であると云はねばなるまい。」

井川はそこで、松江で下車した旅客が、和多見わだみ裏から小舟をやとって大橋川をさかのぼり、京橋川から旅宿に入る舟行のコースを情緒ゆたかに描いている。志賀と里見の場合は、駅から車に乗り、大橋からの宍道湖の情景に感激していたわけであるが、井川のように船を使っていたら、もっとすばらしい水郷情緒が味わえたものと思う。

いま松江では、堀川をめぐる遊覧船が観光客の人気を集めている。

「裏日本」にされた山陰


堀川を埋め立てて道路に変えてゆくことに代表される近代化の営みが、松江でもはじまっていた。それだからこそ、事態を憂えた井川は「松江美論」を書いて訴えたのである。

大正期の松江には、志賀を住まわせた濠端の住いがあったし、芥川を喜ばせた水の都のたたずまいが残っていた。しかしそのことは、近代化に立ち遅れ、古い姿のままで残されていたともいうことができるのである。1889年(明治22)、35,804人の人口で市制を施行した松江市は、全国では第23位の都市であった。しかし20年以上経過した1913年(大正2)の人口をみると、僅かの増加に終っている。この間に東京・大阪・神戸などでは3〜5倍になっているのである。

20世紀に入り資本主義経済が発展するなかで、めざましいかたちでは変らなかったのが松江であり、山陰地方であった。堀川に囲まれた城下町のたたずまいが残る町であったから、都会生活に疲れた人には、安らぎの場になったものと思われる。しかしそこに常住する市民までが、いつまでも昔の夢をむさぼっているわけにはゆかず、近代化に向けてそれなりの挑戦をしてゆかなければならなかったはずである。時代はあたかも日本資本主義の確立期であった。

そうした時に出版されたのが、久米邦武くめくにたけの『裏日本』(大正4年刊)と題する本である。表日本に対する裏日本の呼び名は、すでに日露戦争後から新潟県や北陸地方に対して使われていたが、久米の本によって、山陰もその仲間入りをさせられたのである。

久米の説は、裏日本の地域格差を問題にしたというよりも、韓国を併合した時代背景のなかで鉄道が開通した山陰は、かつて神話の時代がそうであったように、朝鮮半島との交流を活発にすることで、裏日本が表日本になると説く−

「山陰鉄道も開通せられ、従来久しく半身不随の状にあった裏の日本が、再び血液の循環が盛んになる様なりたれば、比地方も次第に古代の繁盛を復すべき時期に到達した。」

資本主義の経済法則は、山陰からモノ・カネ・ヒトを流出させ、地域格差を激化していった。したがって山陰の歴史では、裏日本からどうすれば脱却することができるかが課題になってゆく。(島根大学名誉教授/内藤正中)

地図 松江城築城時より変わらない堀川の流れは、
大正期の文人たちの心をもとらえて離さなかった。
(「松江城正保年間絵図」正保1〜4年(1644〜47年)頃)

[index]