写真
日の光と風を浴びながら裸のつきあい。子どもたちの心まで暖めてくれるのは矢田千里さんが一つひとつ石を集めて作った五右衛門風呂だ。(山村留学・大田市)

学びの舎 島根
「ふるさと」ということばの響きに
人は、何を思い浮かべるのだろう
山、川、海、田んぼ……
あるいは、父、母、友……
人は、何のためらいもなく
「ふるさと」に素顔のまま身をあずけ
そして、「ふるさと」はいつも
大きく手を広げ抱きかかえてくれる
気負わず、あたたかな厳しさで
「生きる」というそのことを
一瞬の途切れもなく、伝えるために



 Enter 


[index]