フラッシュ

道の駅「シルクウェイにちはら」オープン<日原町>

写真 鮎とわさびと絹の町で知られる日原町に、平成11年6月、シルクをテーマにした道の駅「シルクウェイにちはら」がオープンしました。
石西地域の活性化と、国道9号のイメージアップを目的とした「石西国道フレッシュアップ事業」の一環として整備された駅舎は、国道9号と中国地方有数の清流・高津川に挟まれた風光明媚な景色の中に建つ、木造和風の建築。その長い回廊には、無料休憩所、農産加工場、地域農産物の朝市コーナー、町特産のオリジナルシルク商品などが置かれる地域特産品販売コーナーなどがあります。
また、レストランでは、地元産品を主体にした鮎・ツガニ・猪肉・山菜料理が味わえ、駅舎内には落語家桂三枝師匠が地域おこしのお手伝いとして興したお好み焼き店もあります。
平成12年には、シルクの草木染め体験工房を整備するなど、町の特産品をアピールしていくとともに、石西地域の活性化の一翼を担っていく方針です。
●所在地/鹿足郡日原町大字池村1997-4
●問い合わせ/道の駅「シルクウェイにちはら」 TEL08567-4-2045


益田競馬場特別観覧席棟完成<益田市>

写真 躍動感あふれるレースが楽しめる競技施設として、幅広い層のファンを魅了している益田競馬場に、平成11年5月、特別観覧席棟が完成しました。
特別観覧席棟は一部4階建てで、その3階に特別観覧席225席が設けられ、ゆったりとレースを観戦することができます。また、1階には肉やハム、バターなどの畜産物が販売される特産品販売コーナーが設けられ、2階には会議室、番組編成室、調教監視室などがあります。
これを記念して、5月22日から31日までの間の6日間にわたって行われた特別観覧席竣工記念シリーズで、熱戦が繰り広げられました。
うち24日の「NARグランプリ・'98特別賞受賞騎手招待競走」には、交流競走に積極的な騎乗をし、地方競馬の発展に功績があったとして特別賞を受賞した武豊騎手、日本で初めて通算7000勝を達成して同賞を受けた佐々木竹見騎手が騎乗し、大いに観衆をわかせました。
益田競馬場は、今後も観客席の整備、場内の環境美化など、競技場施設の改善を心がけ、競馬ファンが快適に観戦できるよう努めていきます。
●所在地/益田市高津町イ2545-4
●問い合わせ/益田市競馬事務局 TEL0856-23-3733


隠岐古典相撲開催<西郷町>

写真 隠岐では古くから神社などへの奉納相撲が行われ、近代では学校の開校、公共工事の完成などの慶事を祝う神事相撲が行われてきました。この伝統行事は、その多くが神社境内で開催され、特設土俵に立てられた四本柱を力士に与えたことから「宮相撲」、あるいは「柱相撲」といわれています。
一度は衰退しかかったこの伝統行事も、昭和46年に相撲愛好家と役力士経験者で結成された「大巾会」(隠岐では化粧まわしのことを「大巾」といいます。)によって「隠岐古典相撲」として息を吹き返し、すっかり島民の生活に根付きました。
平成11年10月に、西郷町の銚子ダム竣工を祝う「隠岐古典相撲第10回銚子ダム竣工記念大会」が、西郷町原田銚子ダムサイト特設会場で開かれます。
夜を徹した大会では、昔ながらの襦袢姿で力士が入場し、数百番の熱戦を繰り広げます。そして、夜明け前、各地区から選考された名誉ある役力士の登場で、興奮の取り組みも最高潮を迎えます。
今後もこの伝統行事を開催し、古典相撲の継承を図っていきます。
●開催日時/平成11年10月16日(土)正午〜翌17日(日)午前8時まで
●問い合わせ/隠岐観光協会 TEL08512-2-1577


KKMテレビ雲南開局<加茂町・木次町・三刀屋町>

写真 加茂町・木次町・三刀屋町ケーブルテレビ組合の「KKMテレビ雲南」が、平成11年4月に開局しました。
広域行政による有線テレビジョン放送施設としては全国で初めて、また、自主放送を手がけるCATV局としては県内で5局目となります。
木次町に放送施設を構えるこの局は、3町全域を放送エリアに、平成9年夏から試験放送を開始。開局前の3月には、一般世帯の加入者が約6400世帯と、全体の92パーセントに及んでいます。
施設は、伝送システムが伝送量の大きい「770MHZ光・同軸ハイブリッド双方向伝送方式」、編集方式には、デジタル信号により高画質の映像をコンピューター処理する「ノンリニア編集」など、最先端のシステムを備えています。
チャンネル数は21あり、なかでも「KKMテレビ雲南」自主放送のチャンネルでは地域のさまざまな情報を提供するほか、町民参加型のローカル色あふれる放送を行い、豊かな地域づくりを推進していきます。
●所在地/大原郡木次町大字里方1335-3
●問い合わせ/加茂町・木次町・三刀屋町ケーブルテレビ組合
 TEL0854-42-5800


しまねこぼれ話
32号目次へ