写真
海潮神楽(大東町)
八雲立つ 出雲八重垣妻籠めに 八重垣作るその八重垣を

和歌に詠まれた島根


この和歌は、奈良時代初めに編纂された『古事記』と『日本書紀』に載せられているもの。高天原を追放され出雲にやってきたスサノヲノミコトが、八つの頭をもつ大蛇、ヤマタノヲロチを退治してその生贄とされていたクシイナダヒメを救った。そしてヒメと結婚する際に、新居とさだめた出雲の清地でこの歌を詠んだという。後世、この歌を日本最古のものとみなし、さらに清地を大東町須賀にあてはめる考えが起こった。今、歌碑が大東町の須我神社と八雲村の熊野大社に建っている。
(田村葉子・松江市在住)


32号目次へ