フラッシュ


一畑電車「出雲大社号」快走中<松江市・大社町など>

写真 宍道湖北岸を走り、松江市と平田市、出雲市、大社町を結ぶ一畑電車に、出雲大社直行便「出雲大社号」が登場し、好評を得ています。
以前は、全便が松江温泉駅から電鉄出雲市駅までの直通で、出雲大社前駅へは乗り換えが必要でした。そこで、松江温泉駅と出雲大社前駅間の直通便として誕生したのが「出雲大社号」です。運行は1日2往復で、所要時間は約1時間となっています。
2両編成の車両は、宍道湖に映る雲を背景に走る船と、出雲大社の厳粛な雰囲気を白・青・黒で表したデザイン。車内は、中間部が1人掛けと2人掛けで、回転させて対面シートにもなり、両端部はベンチシートになっています。また、天井に描かれた出雲神話の絵が神話の国を実感させてくれます。
「出雲大社号」をはじめ一畑電鉄の車両は自転車の持ち込み(1台300円)も可能となっており、電車で和やかなひとときを過ごしながら、沿線に点在する観光スポットにも気軽に足を伸ばすことができます。

●問い合わせ/一畑電気鉄道株式会社鉄道部 TEL0852-27-8695


島根の魅力を楽しもう

島根県の魅力を知ってもらい交流を図ろうと、今年も東京・大阪・広島の各都市で島根フェアが開催されます。島根の名所旧跡や新しい体験型観光スポットの紹介、海の幸・山の幸、銘菓、郷土料理といった味覚や工芸品の実演・展示・即売のほか、郷土芸能の披露など多彩な内容で島根県をアピールします。
■ふるさとフェア'99−全国観光と物産展−
会場/東京ドーム
日程/平成11年1月22日(金)〜24日(日)
主催/読売新聞社、日本テレビ放送網
■'99島根ふるさとフェア
会場/広島サンプラザホール
日程/平成11年1月23日(土)〜24日(日)
主催/島根ふるさとフェア実行委員会
■まるごと“しまね”フェア(大阪会場)
会場/大丸百貨店 大阪梅田店13階催事場
日程/平成11年1月26日(火)〜2月1日(月)
主催/島根県
■まるごと“しまね”フェア(東京会場)
会場/東急百貨店 東横店西館8階催物場
日程/平成11年2月中旬
主催/島根県
写真
●問い合わせ/島根県観光振興課 TEL0852-22-5284


「かわもと音戯館」オープン<川本町>

写真 緑にこだまする音楽の里・川本町に、平成10年7月「かわもと音戯館」がオープンし、町内外の人々の交流の場として賑わっています。
「音と触れ遊ぶ」を目的に建設された同館は、地元産の石州瓦を使った屋根と列柱が印象的な3階建ての建物。館内は、世界の民族楽器が展示されたコリドー(回廊)をはじめ、水中に音響と照明の設備を備えた25メートルの室内温水プール、映像を見ながら音楽を体感しストレスを解消できるリラクゼーションルーム、子供から音楽愛好家までオリジナルCDが制作できるスタジオなどさまざまな設備があります。そのほか、レストランやテラスを備えた宿泊室もあり、リゾート感覚を楽しむにも最適な施設となっています。
「学んで・遊んで・創る」機能と「聞いて・感じて・やすらぐ」機能を備えた「かわもと音戯館」は、音をより身近な文化として再認識できる町の新名所として注目されています。

●所在地/邑智郡川本町大字川本332-15
●休館日/毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
●問い合わせ/かわもと音戯館管理事務室 TEL0855-72-3080・3081


「生活工房・にいな石見」オープン<江津市>

写真 協同組合グループ石見ブランドの商品を販売する「生活工房・にいな石見」が、石見海浜公園近くの国道9号沿いにオープンしました。
石見地方の地場産業経営者8人で構成されている協同組合グループ石見ブランドは、地元の特産品の魅力をいかした工芸品や食品を生産するグループで、同店はその活動拠点としてつくられたものです。
店内には、1300年の歴史を誇る石州和紙、江戸時代から続く水がめ作りの技が生かされた石見焼、樹木の特質を活かした木工品、獲れたての日本海の幸で作った無添加食品といったこだわりの中にも温もりを感じさせる品々がそろえられています。
「にいな」とは石見地方の方言で新しいという意味。石見地方ならではの素材と伝統を織り込み、現代の暮らしにも調和する商品を1点1点手作りする「生活工房・にいな石見」は、地場産業の活性化と、その新しい可能性を切り開く原動力となることが期待されています。

●所在地/江津市波子町イ1255
●定休日/金曜日
●問い合わせ/生活工房にいな石見 TEL0855-53-4469


30号目次へ