写真
七座の舞いの一つ「御座」

御座替神事
(島根県指定無形文化財)
八束郡鹿島町 佐太神社



佐太神社の古伝祭の一つ御座替神事は、年に一度、社の神座に敷く茣座ござを敷き替える祭だ。9月24日と翌25日、祭礼の夜には、出雲神楽の源流といわれる佐陀神能が奉納される。佐陀神能は直面の取物舞「七座」と祝言の舞「式三番」、着面の神話劇「神能」の3部から成り、囃子、謡、役立ち、所作などに能の形式を取り入れた全国でも珍しいもので国の重要無形民俗文化財に指定されている。
ここ佐太神社は、神名火山(現在の朝日山)のふもとにある佐太御子社として「出雲国風土記」に記された古社だ。本殿は大社造りの社が三殿並立する珍しいもので、出雲地方の祖神佐太大神を祀り、近世には出雲大社に次ぐ出雲二の宮として広く知られたという。
祭りに先立つ9月19日、朝山宮司をはじめ神職一同は佐大浦のイザナギ浜(現在の古浦海岸)でみそぎをする。御座替えのために用意される新しい茣座は、神田で栽培した藺草で編まれた特別の物だ。
24日夜8時ごろ、宮司以下神職ら約10人は境内末社から始めて御社の神座である御座を一つひとつ取り替えていく。
その間、舞殿では佐陀神能保存全によって、七座が古式ゆかしく執り行われる。
七座は面を付けずに剣や御幣、茣座などの採物を持って舞うもので、演目には場を清める舞「剣舞」「散供」「清目」、茣座を清める舞「御座」、神降ろしの舞「勧請」、神遊びの舞「八乙女」「手草」の七段がある。古くはこの神事の式そのものであったといわれ、場を清め御座を設けて神を勧請するという演目はそのまま祭式の次第を成している。
写真
年に一度の御座替にあたり、
夜の本殿に参集する神職ら
遠く近く虫の音が鳴る夜の境内にかがり火が揺れる。舞殿から鼕、太鼓、笛、銅拍子が奏でる雅楽の調べが響き、囃子に合わせてひとしきり舞が続く。御社で行われている御座替の進行に合わせて、間をおいては一段また一段と舞が奉納されるのだ。烏帽子、狩衣姿のこの舞は、いかにも厳かな儀式の舞だ。
摂社末社を回った神職らは最後に本殿に向かい、南殿、北殿、そして正殿の茣座が敷き替えられる。15ある社のすべての御座替えが終わると、もう深夜だ。
翌25日の夜、新たな座に神々を迎えて、舞殿では改めて佐陀神能が奉納される。
「七座」の後に続く「式三番」は、「翁」(シテ)、「千歳」(ワキ)、「三番叟」(狂言)の三役が順に舞うもので、全体を通じた筋はなく、おめでたい詞や囃子詞をつづり合わせたものになっている。ただ現在では、さまざまな事情により披露されていない。
法楽祭として奉納される神能
法楽祭として奉納される神能
(「日本武」の「倭姫命」)




写真
境内の各社を回って御座替の儀が
とり行われる
七座の各段が順次奉納されると、いよいよ独特の面をつけて舞う「神能」が奉納される。囃子は能と同じで太鼓、大鼓、小鼓、笛、銅拍子。
「そもそもこれは当今に仕えまつる臣下なり、さても出雲佐陀の社にこそ神秘あるよし、・・・この度思い立ち出雲国佐陀の社へと急ぎ候」と烏帽子、差袴姿の男が名乗る。
佐太神社ならではの演目、佐太神社の縁起や神在祭の由来などを語る「大社」だ。
「旅衣、なお立ち重ね行末の、船路のどけき道の辺の、・・・出雲に早く着きにけり・・・」
舞人の詞と詞の間を地謡がつなぐ。
こうして始まった「大社」は最後に榊を手にした竜神が竜蛇の箱を捧げ持って舞台を巡り、箱から神の使いである竜蛇をとり出して佐太大神に捧げて終わる。
神能の起源については慶長年間(1596〜1615)に佐太神社の神楽を司っていた神職宮川兵部少輔秀行が京で能楽を学んで帰り完成させたと伝えられる。なるほど能がかった所作の優雅で洗練された舞だ。
次々と神話劇が披露され、夜が更けるにつれて舞台は一段と盛り上がる。そして「キリ能」と呼ばれる締めくくりの演目は、素盞嗚尊の八岐大蛇退治の物語「八重垣」だ。シテ(主役)は縁袴に榊を背負った大蛇。ワキを務めるのはりりしくも勇ましい素盞嗚尊。華やかで堂々たる舞の後、刀を抜き大蛇に挑む。
「神能」には全部で12曲の演目がある。奉納される演目は年によってさまざまで、毎回その日になって決まるという。佐陀神能を舞って48年という新宮幸雄保存会全長をはじめベテランぞろいなればこそだ。現在伝承されているものとしては、ほかに天叢雲剣にまつわる「日本武」、国譲りの物語「武甕槌」、天照大神の戸隠れの物語「磐戸」など9曲がある。
緋の衣姿の美しい姫があでやかに舞うかと思えば、恐しい形相の鬼が舞う。きらびやかな衣装と表情豊かな面、そして磨き上げられた舞はまさに幽玄の世界だ。大社造りの御社三殿に見守られ、そこはあたかも神々の庭。かがり火を目印にここに降りてくるのだろうか、夜のとばりのなか笛太鼓の囃子に包まれてどこかしら神々の気配がある。
この日、神様を迎えての舞は夜半まで続き、佐太神社の一年で最も重要な祭礼が終わった。参道の脇では、早くも枝を離れた木の葉を秋風が追いかけ、カサコソと小さな音をたてていた。神と人がともに座した一夜を機に、出雲路の秋は盛りを迎える。

17号目次へ