人物歴史物語
長禄2年(1458)11月20日、富田城(現・能義郡広瀬町)内は、喜色にあふれていた。出雲守護代尼子清定に嫡子が生まれたからである。又四郎と名付けられたこの男の子が、後に陰陽二道を席捲し、中国地方に覇を唱えた尼子伊予守経久である。

尼子経久寿像
尼下氏は佐々木京極氏の一族である。近江の京極高詮が出雲・隠岐の守護に任じられていた関係で、経久の祖父持久が出雲守護代として富田城へ下向しこれから出雲尼子氏が始まる。この尼子が出雲で飛躍の基を築いたのは、経久の父清定の時であった。当時、応仁の乱のさなかであり、守護京極政高は侍所所司として引き続き在京しており国元の支配は清定に任せていた。出雲においても国衆の離合が繰り返えされ、守護体制は脅かされていった。京極氏は東軍の有力武将として活躍したが、東の伯者、西の石見はともに西軍の山名氏の配下であったので、山名党の侵入を防ぎ、またこれに通じる国内武士の討伐にあけくれた。その結果、政高から恩賞として能義郡奉行職や多くの所領を与えられた。そのことは主家京極氏に忠実に従うことでありながら、清定の勢力をより拡大する結果となった。さらに大乱の渦中にあって、京極氏の嫡子の夭折などのごたごたは、清定を戦国大名の“国盗り”へと指向させた。

尼子経久寿像(松江市洞光寺蔵)

文明6年(1474)、17歳の又四郎は、父清定の命で上洛した。その目的が何であったのか定かではないが、およそ5年間又四郎は京都に滞在した。その間に京極政高は政経と名を改め、又四郎も主君の「経」を与えられて経久と名乗った。経久は17歳から22歳までの多感な青年期を、都の典雅な文化の中で過ごした。戦火で荒廃していたとはいえ、後の文芸への造詣はこの在京中に培われたものであろう。
文明11年(1479)ころ帰国した経久は、家督を譲られ、新しい守護代として下剋上的な様相を示し始めた。寺社領を押領し、段銭・関銭を緩怠した。たまりかねた守護政経は、幕府の応援を得て、ついに文明16年(1484)守護代職を剥奪し、富田城を追放した。経久にとって厳しい打撃であったことはいうまでもない。しかし、処分からわずか2年足らずの同18年(1486)正月元旦、経久は鳥追いの芸人たちと巧みに仕組んだ謀略で、劇的に富田城を奪回したのだった。
これ以後三沢、三刀屋、赤穴氏などの有力国人を幕下に治め、永正5年(1508)ころには、ほぼ国内を制圧したと思われる。その後経久は、山口へ逃れてきた“流れ公方”足利義植を擁する大内義興の軍に加わって上洛し、8年間滞京した。しかし、日増しに高まる義興の名声を聞きながら、できるだけ早く帰国しようと考えた。
帰国すると、齢はすでに還暦を迎えていた経久だったが、新たな闘志を燃やして、伯耆、備後、安芸へと中国諸方面への進出を開始している。おそらく在京中、室町幕府の予想を越える凋落ぶりを、まざまざと目の当たりにしたに違いない。こうして尼子の勢力は大永から天文はじめにかけて絶頂に達し、出雲はもちろん隠岐、石見、備後、安芸、美作、但馬、播磨に及んだ。諸軍記物は、経久を「十一州の大守」と称した。いささか誇張の面もあるが、息つく暇もない軍事行動は、経久を強大な戦国大名へと成長させた。
それにしても、経久が着実に力を伸ばし、群がる国人との争いに勝ち抜いていった背景には、戦略のうまさという彼自身の能力のほかに、中国山地からの鉄の資源と日本海の良港を掌握することで、ほかとは異なる経済力を持ち得たためと思われる。『雲陽軍実記』や『慶塚物語』によれば、人情深く、底抜けに無欲な人だったと褒めそやしている。しかし、一方、「雲州大守尼子ノ与州(経久)性シワイ人ナリ・・・」と経久と親交があった五山の禅僧の惟高妙安は、鷹揚というよりか、むしろ物事に細い人柄だと記している。
経久は天文10年(1582)11月13日84歳の長い波乱の生涯を閉じるまでを、戦陣ですごした。風雲をはらんだ快男児として身を起して、初期の戦国大名を代表する活動を示した傑物であった。休むことを知らない精力的な活動の中で、法華経を開板し、『伊勢物語』を書写し、歌道の資とした。また自ら絵筆を振るって自画像を描くほどであった。今日、経久自筆の和歌が残っている。

 あきあげはとみたからにあひのりて
   おもふことなくながいきをせむ
 天文五年後十月十日
                  経久(花押)

(文:藤岡大拙)

尼子清定・経久の墓(広瀬町)
尼子清定・経久の墓(広瀬町)
富田城趾城門跡(広瀬町)
富田城趾城門跡(広瀬町)

イメージ


17号目次へ