今、島根県の各地方では、そこに住む人々がまちを活かしていこうとする
官民一体となった事業が盛んです。自分たちの暮らす土地に
しっかりと根をおろした地域の活動と話題をお届けします。

Topics
タウンプラザしまね
タウンプラザしまね
島根県市町村振興センター
松江市殿町
TEL0852-28-4850
今年11月、「タウンプラザしまね」(島根県市町村振興センター)が完成しました。市町村の地域活性化対策や地方自治活動を支援する新たな中核的施設として建設され、そのための機能が整備されています。
地上6階、地下2階の建物は、宍道湖から松江城に向かう中ほど堀川沿いに位置し、今後展開される「県庁周辺整備基本構想」の基点となる場所。周辺の歴史的景観との調和を重視し、建物の向き、屋根の形、外壁、色調など街並みに馴染むデザインとなっています。
1階から3階までは、県と市町村を結ぶコミュニケーションの場として、すべての県民に親しんでもらえるよう展示やイベントスペースといった自由に出入りできる空間が設けられています。4・5階は事務所ゾーン。6階は会議室ゾーン。あらゆる会議や研修に対応できるよう小会議室から120インチの大型スクリーンをもつ200人収容の大会議室まで用意されています。
中でも1階から3階までのオープンスペースは、それぞれ特徴あるフロアを構成しています。1階はウエルカムゾーンとなっており、玄関を入ると3階までの吹き抜けが開放感のある空間をつくっています。イベントスペースとしても利用できるフロアには、島根の美しい風景などを映し出す4面マルチビジョンの80インチモニターや、島根の未来へのエネルギーを表現したオブジェ、島根県を楽しみながら理解できるしまねクイズ探険、モニターと連動した自転車に乗り、実際に映像を見ながら県内巡りができるコーナーなどがあります。
外観そして、2階は島根県内59市町村の自然、歴史、文化をテーマ別に紹介している情報発信ゾーン。島根の伝説や神話の世界を映像やグラフィックパネルで表現するコーナーや県内のイベント、レジャースポット、アミューズメント施設などのすぐに役立つ情報がそろえられている情報スペースなどです。そのほか、現在各市町村の町づくりへの取り組みなどの情報を図書やビデオで知ることのできるライブラリーもあります。
3階は市町村の出版物や地域活性化をサポートするさまざまな資料が取りそろえられている郷土資料室のほか、パソコンエリア、ディスカッションルーム、特別会議室があり、十分な環境が整えられています。
今後、県民はもちろんのこと松江を訪れた人にとっても魅力ある存在となるよう大いに期待されています。

旭テングストン
旭テングストン
那賀郡旭町大字市木7600
TEL0855-47-0101
このたび、旭町の天狗石山(てんぐいしやま)・三ツ石山ろくに総面積398ヘクタール、ゲレンデ面積52ヘクタールという西日本最大のスキー場「旭テングストン」が誕生しました。
アクセスも中国横断自動車道の瑞穂インターチェンジからわずか8キロ、自動車で約10分という便利さです。
ゲレンデはスキーの本場スイスをイメージして造られ、ゴンドラリフトや駅舎、レストランもスイス風に統一されています。
コースはアルペンスキーをモデルに7コースあり、初級から上級までそれぞれ1000メートルの林間ロングコースが設けられています。
また、この辺りの国有林は林野庁の「ヒューマン・グリーンプラン」に指定されていることもあり、敷地内には自生するブナの原生林やスギ、ヒノキなどが約80パーセントも残されています。まさに大自然の中での滑走が楽しめるというわけです。
今後は、このプランに基づいてレクリエーションの森などの整備を行い通年型のリゾート基地にし、町の活性化や若者の定住に役立てたい考えです。
掛合コミュニケーションテレビ
掛合コミュニケーションテレビ
(掛合町有線テレビ放送)
飯石郡掛合町大字掛合1261-3
TEL0854-62-0300
今年12月、掛合町に山陰地方では5番目の有線テレビが開局しました。
今回出来た掛合コミュニケーションテレビは山陰では初、中国地方でも2番目という地方自治体直営の施設です。
放送は、現在10チャンネル。役場や農協等の公共的施設とは双方向にしているほか、町内2カ所にある気象観測ロボットから10分間隔で観測データが流れるなど、農林業を主産業とする町の特徴に適したつくりになっています。
また、従来の有線放送でも行っていた緊急一斉放送や該当地区のみに流れる連絡放送はもちろんのこと、文書送信も可能になっています。
自主番組は町民総出演を目標に8月から試験放送されており、評判は上々です。
地域密着型を目指す有線テレビ。
この掛合コミュニケーションテレビはすでに町民自身のものとして受け入れられ、確実に地域の連帯感を生んでいます。
14号目次へ