• 背景色 
  • 文字サイズ 

漬物の製造等に関する届出(出雲保健所)

 平成24年8月、北海道において浅漬が原因で腸管出血性大腸菌O157の食中毒が発生し、8名の方が亡くなられました。

 それを受け国では漬物に係る衛生上の危害の発生を防止するために定めた「漬物の衛生規範」(以下「衛生規範」という。)を改正しました。

 H25.12.13付食安監発1213第2号「漬物の衛生規範の改正等について」

 

 また、島根県では平成25年3月に「島根県漬物の衛生確保に関する指導要綱(PDF)」(以下、「指導要綱」という。)を策定しました。

 

 漬物製造業は、食品衛生法に基づく許可対象業種ではなく、営業者の方の実態把握が十分にできないことから、島根県では製造施設や営業者の方を把握し、衛生指導を行うため、届出制度を導入することとしました。

 漬物を製造又は加工しようとする方は届出をしていただくとともに、「衛生規範」・「指導要綱」を遵守して食中毒の発生を防止するようお願いします。

 

 

 

1.届出が必要な方とは

 個人、法人にかかわらず、業として漬物を製造、加工する場合に届出が必要です。

 「業として」とは、不特定多数の人に販売する目的で反復継続して漬物の製造を行うことをいいます。

 単に自家消費や近所の友人・知人におすそ分けするために漬物を製造する場合は、「業として」の製造ではありませんので、届出は不要です。

 なお、漬物を自分で漬けず、販売のみを行う方も届出は不要です。

 

 

2.どのように届け出るのですか

 

1.新規の届出

 これから漬物の製造をしようという方や、すでに漬物の製造をしている方で届出をされていない方は、下記の書類を保健所へ届け出てください。

 

(1)漬物の製造等届出書(様式:word45kbPDF46kb)(記載例:PDF68kb

(2)営業施設の大要(様式:word35kbPDF26kb)(記載例:PDF224kb

(3)食品衛生責任者設置届出(様式:word88kbPDF69kb)(記載例:PDF90kb

 

 

2.届出事項変更届出(営業者の住所、氏名、営業所の名称、営業施設の大要に変更があった場合)

漬物の製造等届出事項変更届(様式:word45kbPDF41kb
提出書類

漬物を製造する施設の設備配置等に変更があった場合は「営業施設の大要」(様式:word35kbPDF26kb)を提出して下さい。

食品衛生責任者に変更あった場合はが過去に衛生講習会を受講している場合は、食品衛生責任者設置届出(様式:word88kbPDF69kb)を提出して下さい。

 

 

3.廃止届出

 漬物の製造をやめたときは廃止届を提出して下さい。

 

 漬物の製造等廃止届(様式:word39kbPDF37kb

 

 

 

2.衛生管理について

 

 漬物の製造を行う際は、指導要綱の「別表1」に掲げる衛生的措置基準を遵守しましょう。

 特に浅漬は、加熱や発酵の工程がなく、製造工程で完全な殺菌ができないことから、洗浄、殺菌、低温管理など、衛生規範で定める製品管理を徹底しましょう。

 

(注)浅漬け

 一夜漬けともいいます。生野菜等(湯通しを経た程度のものを含む)を食塩、しょう油、アミノ酸液、食酢、酸味料等を主とする調味液、又は、酒粕、ぬか等を主材料とする漬床で短時日漬込んだもので、低温管理を必要とします。

 

3.製造施設及び設備について

 衛生管理を適切に行うため、指導要綱の「別表2」に掲げる基本的事項のほか、衛生規範の遵守に必要な設備を備えましょう。

 

 

 

 

 


お問い合わせ先

出雲保健所

〒693-0021 島根県出雲市塩冶町223-1
       
             島根県出雲保健所

   TEL :0853-21-1190
   FAX :0853-21-7428
   E-mail:izumo-hc@pref.shimane.lg.jp