• 背景色 
  • 文字サイズ 

11月20日質問事項9

9.地方空港の充実

○山陰中央新報:知事、済みません、山陰中央新報の多賀です。

 先日、中国地方知事会で、地方創生のための基盤づくりの中で、地方空港の充実であったり拡充についてを読み上げられましたけれども、こうやって道路交通網が脆弱な山陰の中で、改めて空港の必要性についてはどう御認識されているのかということと、そういった拡充については、どういったイメージをされているのか。例えば国内線の便数をふやしていかれたりとか、海外航空を入れていくとか、どういった拡充策があるのかというのについて、ちょっとイメージがあれば教えてください。

○溝口知事:日本国内でどうするということ国外から来られるかは、よく話を聞いてやっていかないといかんのじゃないかと思いますね。

○山陰中央新報:今、出雲空港からFDAが新たに静岡便と仙台便ができて、非常に好調な数字を出していると。今まで交流はなかった中で、非常に人の動きが出てきて、今までなかった市場が見えてきたのかなと思うんですけど、そういった可能性は非常にあるのかなと思う……。

○溝口知事:それはいいことですね。

○山陰中央新報:そういう中で、どんどんもっと国内の地方空港を結ぶ路線とか、そういった誘致に動くとか、そういったところも有益なのかなと考えるんですが。

○溝口知事:それも、どれほどの需要があり得るのか、よく調査をしないと、相手と接触するにも難しいと思いますね。

○山陰中央新報:それを働きかける必要性についてはいかがでしょうか。

○溝口知事:航空機会社のほうがこちらを使いたいというような環境、状況にあるのかどうかによるでしょうね。ただ、一般的に、こうしたら進む、ああしたら進まないということじゃなくて、いろんな路線について可能性を模索することは必要だろうと思いますけれども、それは航空会社がどういう判断をするかということによりますから、そういうところにも当たってみるというようなことは必要かもしれませんけども、今、それをしなければならないという状況でもないような気がしますね。

 また、出雲空港に来る場合に、時間的な制約もありますからね、そこら辺もよく聞いた上でやっていく必要があるんじゃないかというふうに思います。

○山陰中央新報:わかりました。


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp