• 背景色 
  • 文字サイズ 

8月23日質問事項6

6.低レベル放射性廃棄物

○中国新聞:中国新聞の秋吉です。よろしいでしょうか。済みません。

 ちょっと話は変わりますが、低レベル放射性廃棄物の関係で、岡山県の人形峠の環境技術センターで、敷地の中で埋設する試験研究を始めるということが報道されまして、この件について鳥取県も説明をセンター側に求めたようですけれども、同じ中国地方の話でもありますので、このことを島根県としてはどう受けとめていますでしょうか。

○溝口知事:今の鳥取、岡山との関係でそういう問題があるというのは承知してますが、我々が関与するわけじゃありませんから、状況をこっちが把握しているわけじゃありません。鳥取、岡山でいろいろな検討をされるのは、我々として意見を言ったりするということはありませんね。

○中国新聞:このことに関して、県としては情報収集をしっかりやって、この行方をしっかり見ていくというような対応になっていくんでしょうか。

○溝口知事:詳しくは、まだ相談をしてませんけども、大体大ざっぱに言えばそういうことじゃないかというふうに思ってます。

○中国新聞:わかりました。まだ県として何か意見を表明するような段階ではないと。

○溝口知事:そうですね。

○中国新聞:わかりました。

○溝口知事:最終的な処理をするということについては、どこの県においても同じ問題が出てきますから、そういう面でフォローをするといったようなことはする必要があるんじゃないかと思います。

○中国新聞:このことに関して低レベルの放射性廃棄物の埋設というのは、島根原発1号機が廃炉をしたときに、それなりの量の瓦れきというか、関係する廃棄物が出てきますので、これをどうするかという問題とも若干リンクしてる。

○溝口知事:似てますね。

○中国新聞:はい。このことについては、やはり中国電力さん、あるいは監督官庁とか、そういったところで何かしらの考えをお持ちであれば、しっかりと県として説明してほしいというような、現状、お考えでしょうか。

○溝口知事:我々としては、その動きをよくフォローしていくということです。それに応じて、必要があれば中国電力にも聞いたり、国に聞いたり、そういうことじゃないですかね。今は具体的にこうしようという段階ではありません。

○中国新聞:わかりました。


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp