• 背景色 
  • 文字サイズ 

7月20日質問事項11

11.原発

○山陰中央新報:山陰中央新報の高橋です。知事、よろしいですか。

 中国電力島根原発3号機のことについてお尋ねしたいんですけれども、先日、出雲市長が原発の必要性、3号機の必要性について、疑問を持っている住民が多いというふうに発言をされましたけれども、知事としては、その出雲市長の必要性に疑問を持っている住民が多いという発言に対して、どのようにお感じになっていらっしゃいますでしょうか。

○溝口知事:余り私は出雲市自体の考えはよく聞いておりませんけども、いずれにしても、関係自治体の意見をよく聞いて対応する必要があるというのが私の考えでありますが、現在の状況を見てますと、立地自治体の松江市、周辺自治体の出雲市及び安来市は申請を了承し、雲南市も了承見込みでありますが、鳥取県、米子市及び境港市の意見提出は8月になる見込みであるようです。県としては、全ての関係自治体の意見をお聞きした上で、申請を認めるかどうかについて判断をし、皆さんにその考え方を説明していきたいというふうに思っています。

○山陰中央新報:島根県側から了承という声が出る一方で、出雲市長のように、なかなか必要性が住民に理解されていないというような発言も出てて、そういう中で、中国電力さんに対して改めてそういう必要性であったりとかいうことをきちんと住民に対して丁寧に説明するようにというふうに求めていくようなお考えというのはありますでしょうか。

○溝口知事:中国電力は関係の市町にはやっておりますから、それを引き続きやっていただくということだと思いますね。

○山陰中央新報:以前、2号機のプルサーマルを協議された際には、地元の自治体のシンポジウムなんかを開催されるなんかということもあったりして、県民の意見を聞く場というのは非常に多かったのかなと思うんですが、今回の3号機の申請をめぐる議論の中では、県の中では顧問会議と安対協という格好で終わってしまったんですけれども、今のところは終わっている段階なんですが、今後、県が申請を了承する可否判断の前に、もう一度県民の意見を聞くような機会というのをつくるお考えというのはありますでしょうか。

○溝口知事:いえ、自治体のほうからそういう意見は出ますからね、今の状況では、立地自治体の松江市は申請を了解すると。それから周辺自治体、出雲市は6月28日に県に伝達済み、安来市も6月26日に県に伝達済みと。それから雲南市はきょうですか。

○事務局:まだ今出てないです。

○溝口知事:やってる段階。決定する見込みだというふうに聞いてます。鳥取県、米子市、境港市は、まだ意見の取りまとめは行われていませんで、鳥取県のお考えは多分8月になろうかというふうに思います。

○山陰中央新報:前回の会見の中で、知事は県議会の総務委員会のほうから、申請の了解可否判断をされるときに、知事みずからの判断の論拠を示すようにというふうに注文を6月議会の最終日につけられたと思うんですけれども、それに対して、知事としては、議会側と一回話をしてみましょうということだったと思うんですが、そのお話というのはその後された。

○溝口知事:してませんね。やはり関係自治体の意見を聞きませんとね。

○山陰中央新報:それでは、関係自治体の意見が全部出た後で、それを受けた上で、知事としては議会の総務委員会と……。

○溝口知事:それはどういうやり方でやるかというのは決めてません。議会のお考えを聞いて対応します。

 いずれにしても、関係自治体ですね、鳥取県を含めまして、意見をお伺いした上で、こういう意見ですねと、したがってこういうふうに対応しますというような説明をする必要があろうというふうに思っております。

○山陰中央新報:それは、議会に対してされるということですか。

○溝口知事:まあ議会に対してどういうやり方でやるかというのは、具体的にはこれから決めてもらえばいいです。

○山陰中央新報:一回議会とお話をしてみましょうというふうに、10日前の会見ではおっしゃったというふうに記憶してるんですけれども、そのじゃあ議会とお話をされるタイミングというのは、関係自治体の意見が全部出そろってから、議会のほうと御相談をされるということですね。

○溝口知事:ですね、はい。それをしないと、やってもいかんでしょう。

○山陰中央新報:了解しました。

 その中で、知事として、知事御自身の判断というのを発表……。

○溝口知事:いや、自身の考えは、やはり我々が大事なことは、関係者が多いわけでしてね、それぞれの意見をやっぱりよく聞くというのが我々の立場ですね。

 

○山陰中央新報:知事、済みません、先ほど3号機の話で、8月に関係自治体の意見が出そろうということだったですけれども、中国電力さんに可否判断を伝達される時期というのは、今、検討時期としてはいつごろになりそうな感じですか。

○溝口知事:まだ、そこまでいってませんからね。

○山陰中央新報:そこはまだ。

○溝口知事:みんな決まってから、皆さんの意見が決まってからのほうがいいでしょうね。

○山陰中央新報:じゃあ、スケジュール感は今のところは特に決めてらっしゃらないと。

○溝口知事:よろしいですか。


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp