• 背景色 
  • 文字サイズ 

1月11日質問事項3

3.平成31年度当初予算編成

○中国新聞:知事、よろしいですか。中国新聞の秋吉といいます。

来年度の、平成31年度の当初予算編成についてなんですけれども、議会のほうでも質問は何度か出てますが、選挙前ということで、人件費とか固定的、義務的な経費だけを計上する、いわゆる骨格編成ということについて、どうされるのかということを多分いろいろ質問を受けとられると思うんですけども、確認ですが、31年度当初予算は通常、例年どおりの編成作業を行うという、今のところそういう方針でいらっしゃるんでしょうか。

○溝口知事:まだ具体的にこうだというところまでは整理はしてませんね。まだ、大分時間がありますから。

○中国新聞:大分、もう年度末から編成作業が県のほうも本格化していて。

○溝口知事:そうですね、通常でいえば、各部局で知事選がどうなるかは別として、県としてどういうものが課題になっているのか、何を重点的にやるべきかというような作業はずっとやっていますから、格別、知事がかわるからどうかということじゃないですよね。

それから、もちろん新しい知事は自分の考えを、当選されるとですよ、県庁のほうに伝えてやるということはあるでしょうね。いずれにしても、県庁のいろんな施策がどうなっているかと、どういう状況にあるかということをよく多分お聞きして、その上で、選挙公約というのは非常に抽象的なことになるわけですね、細かいとこまではできない。したがって、選挙で当選すると、その人が各分野、農業であり、工業であり、観光であり、学校であり、教育であり、いろんなものがあるわけですから、よく聴取をして対応していくということじゃないですか。だから、それはいずれにしても選挙が終わってから後の話じゃないですかね。

○中国新聞:わかりました。


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp