• 背景色 
  • 文字サイズ 

12月6日質問事項01

1.知事の体調

○山陰中央新報:知事、山陰中央新報の尾添です。

 12月に入って、県議会も来週、15日で終わりになると思うんですけども、県議会終了後に食道がんの治療、そして入院なさることも言っとられますけども、具体的にいつから入院されるというのは決まったんでしょうか。

○溝口知事:議会が終わった翌週の月曜からと考えておりますけれども。

 

○中国新聞:知事、よろしいですか。中国新聞の秋吉ですけども、先ほどまでのやりとりの補足で幾つかお聞きしますけど、まず1つ目、御自身の入院についてなんですけども、閉会後、最初の月曜ということでおっしゃいましたけど、今のところ退院というか、その先の見通しというのは立ってますかね。

○溝口知事:先の見通しといいますと。

○中国新聞:入院後にどういうことをされて、いつぐらいにはというのは。以前、我々の会見でもお答えになったんですけども、そのときから少し時間たってますんで、その後、進展を踏まえて。

○溝口知事:年末にかけまして虎の門病院に行きますから、そのときの状況がわからないと、今お答えすることはできませんね。それは検査をするほうの人たちの状況の判断によって対応していくということで、検査等はこれからですから。

○中国新聞:そうすると、じゃあ先日、会見の場でお答えになった、入院してから治療方針を決めて、大体年明けぐらいまで、何もなければ、順調にいけば、そういうぐらいの時期には出てこれるんじゃないかって、その時点の情報からはあんまりアップデートされてない。

○溝口知事:いたしませんね。

○中国新聞:わかりました。

○溝口知事:それ1回で終わるわけではないですね。まだ検査ですから、実際の治療ということもあるでしょうけれども、それはまたその後の話だと聞いております。

○中国新聞:公務については、とりあえずは年明け、1月4日ですかね、仕事始めとかあると思うんですけど、その辺、仕事納めまではとりあえずなしということに、今してらっしゃるんですかね。

○溝口知事:そうですね。年を越えるかもしれませんね。それは実際の病院のほうの判断によるでしょうから。

○中国新聞:わかりました。

 

○NHK:済みません、(NHKの白石です。)知事の入院のことで改めて伺いたいんですけれども、済みません、先ほどの話だと、今回の議会が終わってからの入院というのは、あくまで検査であって、手術とかはまた別途、しない、別途……。

○溝口知事:手術はまだしませんね。

○NHK:しないんですか。

○溝口知事:ほかのやり方で治療ができるようですね。

○NHK:今回、知事は手術という治療方法は選択はしないっていうことですか。

○溝口知事:手術まではしないと思います。やはりいろんな対策で、がんの部分を縮小させるということが必要なようですね。

○NHK:今後の公務に関してなんですけれども、1月4日のいわゆる仕事始めには出られる予定なんですか、今の現状としては。

○溝口知事:そこは向こうへ行ってからの進展によりますから、私がこうだと言うわけにはいかないです。ただ、年を越えるような雰囲気もあるような気がしますね。いずれにしても、長期間不在にするようであり、それが病院にいるというようなことであると、職務を、いろいろな連絡があってもできませんから、そのときには副知事に代理をやってもらうということも考えております。

○NHK:1月というか、年明けて以降のいわゆるスケジュール感というか、そういったものはちょっと、じゃあまだ現状は見通せてないっていうような話。

○溝口知事:何となくは聞いていますけれども、これからの治療だとかにも依存するわけでしょう。

○NHK:それこそ来年度の当初予算の策定に向けて、それこそ部局間の調整であったりだとか、1月は忙しくなるかと思うんですけど、そのあたりの公務への影響というのはどういうふうに考えられていますか。

○溝口知事:何といいますか、知事が細かいところまで査定をするような話ではありませんから、大きな流れとして県の枠組みというのは、いろんな計画でありますとか、あるいは県の方針とかがありますから、その範囲内で大体やっておりまして、私のところで何かが大きく変わるようなことは普通はないわけでして、そういう問題は余りないだろうと思います。


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp