• 背景色 
  • 文字サイズ 

11月21日質問事項09

9.島根大学への常勤医師派遣要望

○山陰中央新報:知事、済みません、山陰中央新報の尾添です。昨日、島大の学長に医師確保で要望に上がられたと思うんですけど、その狙いと、島大のほうからどのような回答があったかというのを教えていただけますか。

○溝口知事:島根県の中で、お医者さんが不足しておるわけでして、それを鳥取大学とかからもずっと応援をいただいておりますけれども、先方のほうも必要なお医者さんがたくさんおられるので、そちらのほうが少し減っていくというようなことがありますから、やはり島根大学は島根県の医療に対して一定の大きな役割を果たしてこられておりますから、引き続きよろしくお願いしますということを申し上げ、島根大学、そして大学の大学病院も私どものお話をよくお聞きをいただいておりますし、島根の医療情勢をよく御存じですから、そういう方向でいろんな努力を既にされているわけですけれども、今後さらにやってくださいというお願いをしたわけで、先方も県の事情をよく知っておりますから、一緒になってやっていきましょうという考えでありましたね。これから具体的なそうした対応を、健康福祉部と島根大学の医学部あるいは病院等々と協議をしていくということです。その協議が実効性あるように進むように、学長さんと病院長さんにお会いをして要請をしたということです。

○山陰中央新報:実行していくためには、今後が大事だと思うんですけども、具体的にはどのような形で実行に移していくようなお考えなんでしょうか。

○溝口知事:そこら辺は一定の考え方で進むでしょうが、いずれにしても島大を卒業したお医者さんが島根で働いていただけるような方途をよろしくお願いしますということです。先方も、必要なことはやっていきたいという考えでありまして、具体的なことはこれから健康福祉部と島根大学の医学部、病院と協議をしていくということです。

○山陰中央新報:知事が要望なさって、これをきっかけにキックオフという形でこれから進んでいくという認識でよろしいんですかね。

○溝口知事:島根大学のほうも、県内の医療状況をよく御存じですね。


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp