• 背景色 
  • 文字サイズ 

11月21日質問事項03

3.萩・石見空港

○山陰中央新報:済みません、山陰中央新報の古和と申します。萩・石見空港についてお聞きしたいんですけれども、2往復が決まったということにはなるんですが、一方で乗客の目標値が11月になるまで決められていなかったということもあったんですけれども、これから冬になって客足がだんだん狭まっていく中で、年度目標の14万3,000人の達成にはかなり難しいハードルが立っているかと思うんですけれども、この件は知事はどのようにお考えなんでしょうか。

○溝口知事:どういう意味か、ちょっと聞き漏らしたけれども。

○山陰中央新報:萩・石見空港の利用目標が14万2,000人ということを上げていらっしゃるかと思うんですけれども、冬場に入ってくるので年度目標の達成がなかなか難しいんじゃないかという声も出ているんですが、その点はどうやって達成していかれるんでしょうか。

○溝口知事:それはさらにこれから誘客、いろんな面で対策を進めていくということですね。

○山陰中央新報:具体的には、誘客っていうのはどういったことを考えていらっしゃるんでしょうか。

○溝口知事:東京圏とか、そういうところの旅行会社でありますとか、そういうところに要請をするということもありますし、中長期的には企業誘致を進めるなどがあります。

○山陰中央新報:済みません、山陰中央新報の尾添です。萩・石見の関連で、11月に入るまで下期の月別の目標を立てていなかったということは、これはどういう理由からなんでしょうか。

○溝口知事:立てていなかったというか。

○山陰中央新報:県としてですね。

○溝口知事:対策会議で方向が決まっていて、有識者からいただいた意見なども入れながら、どういう対応をしていこうということを考えていておくれたということのようでありますが、できるだけ早くやってもらうように私からも指示をしております。

○山陰中央新報:9月に県がリーダーシップを持って協議会、会議も立ち上げてという中で目標がなかったもんですから、そのことについて知事が指示したというのは、きちんとそういう対応のおくれというのは知事としても感じていらっしゃるか。

○溝口知事:早くやるべきであったと思って、指示はしております。

○山陰中央新報:2往復の維持は決まったんですけども、今後が非常に大事だと思うんですが、その各関係者が再出発を図れるように、近く対策会議というようなのを開くお考えというのはあるんでしょうか。

○溝口知事:いずれにしてもそういう会議を開いて、12月中には具体的にどうするかというのを調整するということです。

○山陰中央新報:12月中に具体的にというのは、目標であったりとか、あとは今後の対策ということなのか。

○溝口知事:いろんな対策についてですね。

○山陰中央新報:それは12月に対策会議を開かれるということでよろしいんでしょうか。

○溝口知事:はい。

○山陰中央新報:あと一つ、運賃助成とかに頼らない対策ということも必要だと思うんですけども、今、補正で今回も組まれましたけども、ああいうことも必要だと思うんですが、基礎的需要を高めるような対策も必要だと思うんですけども、それを例えば当初のとこで、当初予算とかで考えていくというようなお考えとかはあるんでしょうか。

○溝口知事:来年度の。

○山陰中央新報:はい。

○溝口知事:検討中ですね。まだどうするかということは決めていません。

○山陰中央新報:実際、地域振興部になるかと思うんですが、そういう検討はなさってる御報告は知事のとこには上がってきているんでしょうか。

○溝口知事:まだこれからですね、来年度予算の話は。

○山陰中央新報:これからだと思うんですが、知事として必要性の認識というのは、知事としては持っていらっしゃるんですかね、その今の対策だけじゃなくて、その基礎需要を高めるよう方策も必要だという。

○溝口知事:いろんな工夫をしなければいけませんから、それは当然検討してもらいたいということです。


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp