• 背景色 
  • 文字サイズ 

10月25日質問事項04

4.瓦工場跡アスベスト

○山陰放送:済みません、ちょっと話題変わりますけれども、ことし6月になりますけれども、大田市の瓦工場跡地でアスベストを含んだ瓦れきがあることがわかりまして、今週の月曜日、おとといの夜になりますけれども、その撤去工事が、実際、業者のほうが段取りができたということで、その住民説明会が開かれて、いよいよ来月から完全撤去になるようです。この場でも知事が地元への説明は必要なんだというふうに明言されましたけれども、これに対していよいよ工事が始まって撤去されるということで、知事の受けとめをお願いいたします。

○溝口知事:おととい、10月の23日に事業者による地元説明会が実施されまして、解体物撤去計画などについて住民の方々の了承を得られたという報告を受けております。県としましては、事業者に対し、当初より次のようなことを継続的に強く指導をしてきていたわけです。一つは、速やかな解体廃棄物の撤去計画の作成と、地元住民への説明、もう一つは解体廃棄物の適正管理の徹底と速やかな処分ということであります。昨年の12月に無届け解体が判明をして、その後、飛散をしないように、飛散防止シートをとらせたわけでありますが、その飛散がないかどうかにつきましては、3月に確認をして、飛散はないということで、とりあえずは飛散による被害が広がるということはないということがわかっておりまして、いずれにしても、早く計画を立てて、住民の方々にこうして撤去をするという説明をしなさいということを言ってきました。担当は保健所でありますけれども、(指導を)やってきて、今般、そういう説明が住民に対してなされたわけであります。計画に基づいて速やかな処分をするように、これからも指導、要請をしていきたいと思います。

○山陰放送:先ほど知事が言われましたように、これ12月末に、本当にもう年の暮れに業者が無届けで、しかもずさんなやり方で工場を壊してアスベストがそこに残ってしまったと。それを住民が発見して保健所のほうにこれ届けて、そこから動き出すわけですけれども、先ほど言われましたように、3月に県のほうも、これは検出はされていないということで危険性はとりあえず確認されなかったということを把握されたんですけれども、結局、報道になる6月まで住民には知らされてないわけですね。その間、指導はされていたといっても、報道になっても住民のほうにはまだまだ説明がなくて、やっと工事になってから住民の側にこの危険性が知らされるというのはちょっと、保健所のほうは、言われますように、業者のほうには指導していた、早く撤去するように指導していたと言いますが、この住民の方への情報提供が半年ぐらい先延ばしになっていたということに関しては、どのようにお考えでしょうか。

○溝口知事:そこは、自治会の方とか、そういう方々とは接触をとっておったと思いますけれども、やはり計画ができないと説明のしようもありませんから、そういうことですが、アスベストの飛散はないということを、3月に確認しておりますから、そういう意味では安全対策は確保されておりましたが、その後の計画がやはり、計画をつくってやるということがあって、それは事業者がきちっとやるようにしませんと住民にも説明できないので、おくれたことは申しわけありませんけれども、そういう対応はしておったと思います。それは、あなたがおっしゃるように、そういう状況も細かくやる必要があったかとも思います。

○山陰放送:調べてみて、アスベストが計測されなかったと、3月の時点でですね。だから危険性はないんだということで、住民のほうに知らせるのも後でいいんだというような……。

○溝口知事:それはないと思いますけれどもね。当然大田市のほうには伝えているわけですから。

○山陰放送:そのあたり、保健所のほうでも、そういうような危険性がないから放置していたということはないという。

計測して危険性がないというふうに保健所のほうが判断されて、住民に知らせるのは、もうずっと後でいいやと、そこにアスベストがあるという事実は変わらないわけですけど。

○溝口知事:そこは私も聞いていませんけれども、大田市のほうには連絡しておるわけですから、あるいは大田市から伝わっていると、いろんな苦情があればですね。

○山陰放送:済みません、もう一つ関連して、これ12月末で工事が終わるように、というふうなことを業者は言っているようですけれども、これ、県は完全に撤去されるまで監視は続けられるということで。

○溝口知事:そうですね。


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp