• 背景色 
  • 文字サイズ 

10月11日コメント4

コメント4)結いとうろ(県庁庭園水燈路)

 4番目は「結いとうろ」ということであります。

 現在、9月1日から10月31日までの土日・祝日に、松江の秋の風物詩として松江水燈路が開催されておるわけでありますが、たくさんのあんどんが城下町の夜を彩っておるわけであります。この松江水燈路の開催にあわせまして、今週末の金曜から15日日曜の3日間、県庁前の庭ですね、県庁へ入る入り口に広い庭園がありますけれども、そこを舞台にいたしまして、「結いとうろ」ということで、そういう名前で開催するわけであります。県庁周辺の市街地のにぎわいの創出に協力をしたいという県の若手職員の思いから、平成25年に初めて開催しまして、今回で5回目になるわけであります。職員などが手づくりのあんどんを庭園の中に展示をしたり、そういうことをするわけであります。具体的には県庁の全体の建物のライトアップをいたします。それから手づくりしたあんどんを設置して、また庭園カフェと、庭園でコーヒーなども飲める、それから松江東高校の茶道部によるお茶屋なども設定をされると。さまざまな催しを用意しておりまして、また、この結いとうろにあわせまして、田部美術館でありますとか島根ふるさと館、山陰合同銀行のごうぎんカラコロ美術館も夜9時まで開館を延長するといったことも行われるということであります。約300個の手づくりのあんどんを県庁の庭に設置し、松江の水燈路と連携をしまして、松江城からカラコロエリアや京町商店街のまちと明かりを結ぶということで「結いとうろ」という名前を前からつけておるようであります。これがないときは、県庁のところが真っ暗で、塩見縄手からちょっと真っ暗なところを来て、またカラコロ広場等へ行くようになりますから、ちょっと雰囲気が寂しい面があって、県庁の職員が提案してこれが始まったということであります。そのときは一部通行規制も行いますので、子供たちも安心して楽しめますし、いつもと違った幻想的な光に包まれた県庁庭園や周辺のまちに、県民の方々、外から来られる方々、ぜひ楽しんでいただきたいということであります。

 

 冒頭の説明は以上であります。


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp