• 背景色 
  • 文字サイズ 

9月27日質問事項05

5.三江線鉄道資産譲渡

○山陰中央テレビ:山陰中央テレビですけども、三江線の件なんですけども、鉄道遺産に関するめどというか、いわゆる対応について、一応9月末をめどにJRに何らかの答えを出すというようなことがありましたけども、現段階での答えというか、現段階の所感、お願いいたします。

○溝口知事:代替交通の確保に必要な資産につきましては、各市町から希望が出されたものにつきまして無償譲渡するようJR西日本にこれまで要望してきておりまして、これに対しましてJR西日本からは、河川及び道路等で区切られる一定のまとまりのある範囲について、無償譲渡の要望を踏まえた協議を行いますと。それから、2点目に、譲渡を受けた資産の維持管理に必要な経費の負担についても協議を行いますということなどの提案がありました。各市町では、この新しい提案を踏まえまして、現地の確認等を含めて検討を進めているところであります。県としましては、一旦9月末時点で新たな提案を踏まえての各市町の資産譲り受けの意思等について取りまとめた上で、JR西日本に伝えていこうと考えております。その後、市町ごとにJR西日本と詳細な譲渡条件についての個別協議を行っていただくことになりますが、県としましては、いつまでそういう交渉ができるのか、期限の取り扱いを含めまして、市町のお考えを良く伺いながらJR西日本とよく話をしてまいります。これが現状でございます。

○山陰中央テレビ:ということは、9月末の段階ではまだ決まって……。

○溝口知事:まだですね。

○山陰中央テレビ:という意味ですね。

 もう1点、邑南町が唯一、いわゆる振興遺産として、いわゆる代替交通に関係なく振興遺産としての話し合いを持ちたいということで、以前、前の定例のときに、まだ話し合えてませんということだったんですけど、その辺はいかがですか。

○溝口知事:個別の、具体的に出ているのかどうかは別として、邑南町はそのことを希望されておりますね。それは当然、JR西日本とも詳細な協議をしていくことになりますね。

○山陰中央テレビ:ただ、邑南町が公園化計画を考えている部分に、一つ三次市がちょっと絡んでたりするということで、いわゆる広島県との話し合いも出てくるかと思うんですけど、そのあたりは島根県として、邑南町のかわりというか、話し合いの場を持つみたいなことも考えたりしてるんですか。

○溝口知事:状況によってそういうこともあり得るかもしれませんが、まだ具体的に三次市と県のほうがやっているということはないと思いますが、いずれにしても、島根、広島でこの問題は取り扱っておりますから、そういう中で整理、解決がされていくだろうと思います。


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp