• 背景色 
  • 文字サイズ 

7月20日質問事項9

9.内閣改造

○山陰中央新報:知事、済みません、来月の3日に内閣改造が行われる予定なんですけども、最近の安倍政権を見てると、閣僚の失言だったり、加計学園の問題があったり、相当国民から厳しい目で見られてると思うんですが、最近の安倍政権というのをどういうふうに見てらっしゃるかというのと、あと、内閣改造で誰が大臣につくかということで、地方にも影響が出てくると思うんですけど、内閣改造というところで何を期待されるかというの、その2点について聞かせてください。

○溝口知事:安倍内閣の評価を私はするつもりはありませんね。それは新聞、メディア等、いろんな見解がありますから、さまざまだろうと思います。いずれにしても、政権が安定をして、国民の多くの方々にその施策が支持されて、国政が進んでいくということが大事でありますので、内閣改造が行われるのであれば、そういう面に配慮した内閣が成立することを期待をいたしております。

○山陰中央新報:特に政策として期待されている、安倍政権に期待されてるということは何なんでしょうか。

○溝口知事:政策でいえば、いろいろあるでしょうが、やはり国民に信頼される内閣として存分な働きをしていただきたいということですね。

○山陰中央新報:全国知事会議でも、さっき、冒頭、知事がおっしゃったように、地方創生の話が議論になると思うんですけども、自民党の中でも、当初、地方創生って掲げてたんだけども、一億総活躍になったりとか、働き方改革とか、もう看板政策がころころ変わっててというような、そういう指摘も出てるんですけども、今の安倍政権の中での地方創生の取り組みというのは十分だというふうに、知事として……。

○溝口知事:それは、多々ますます弁ずですけども、財政全体の問題もあるでしょうね。できるだけ国民の期待に沿えるような施策の展開を図っていただくことを望んでおるということです。

 

 では、終わります。


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp