• 背景色 
  • 文字サイズ 

6月30日質問事項5

5.大佐山風力発電

○中国新聞:知事、済みません、きょうまた県議会の別の委員会で、大佐山の風力発電事業に関する知事意見、環境影響評価に対してのですけども、出されたと思うんですけど、ちょっとその辺のポイントについて。

○溝口知事:今回、まだ聞いていない。

○中国新聞:きょう、でも知事意見というのを事業者さんに出されたということですよね。それはそうだと思うんですけど、要はどの部分というのがポイントなのかという、その知事意見は。

○溝口知事:そこは部局でやっていただきたいと思います。

○中国新聞:この件に関して、広島県のほうも環境影響評価のエリアに入ってまして、広島県もたしかきょうですかね、知事意見を出してると思うんですけども、これちょっと特殊な、要は県境をまたぐエリアで風力発電所を整備するという関係のものなんで、風力発電所自体は島根県にありますけども、現状の計画では。その辺について広島県との調整なり、あるいは意見交換なりとかっていうのは今後どのように。

○溝口知事:事業の実施に当たりましては、事業計画地域周辺の自然環境、あるいは地域生活環境に影響を及ぼさないように、環境への十分な配慮と、地元の理解を得られるように丁寧な説明をやっていく必要があるということを伝えてあります。

 また、環境影響評価法の手続によりまして、県は専門家から成る技術審査会の答申、あるいは浜田市の意見等を踏まえまして、事業者に対しまして生活環境、自然環境の保全の見地から必要な意見を本日通知したということであります。

 また、事業者には、速やかに丁寧な地元への説明を行うとともに、地域住民からの意見に対して真摯に対応するように求めております。詳細につきましては担当課にお聞きいただいたほうがいいということです。

○中国新聞:意見はおおむね広島と、そこまで食い違ってはないと思うんですけど、それはそれぞれがしっかり専門家に聞いて、行政的なプロセスを進めた上での結論がたまたま似通ったというか、そういう格好なんですよね。

○溝口知事:広島のほうは、やっぱりいろんな意見もあり得るでしょうから、よく調整をするということは必要でしょう。ただ、現段階でこの先どう進むかというのは、まだ私も承知をしていませんが、環境政策課に聞いていただいたほうがいいと思いますね


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp