• 背景色 
  • 文字サイズ 

11月26日質問事項5

5再生可能エネルギー
○日本経済新聞:あと、再生エネルギーの関連で、進捗状況についてもお聞きしたいんですけれども、最近また委員会があって、知事は出られてらっしゃらないと思いますけれども、私もちょっと行けなかったんですが、その計画づくりの進捗状況についてと、あと、もう一つは松江市と、それから江津市にバイオマスの発電所が来年4月にできるということで、この間も新しい移動式の機械を入れたりとか、着々と進んでいます。それで、これは林業整備の観点からも県がかなり助成をしておるようですけれども、新しいエネルギー、再生エネルギーの中で、木質バイオマスの位置づけについて、改めてちょっと教えてください。
○溝口知事:木質バイオマスは、基本的には戦後、造林がなされて、そういうものが主伐期に達するようになって、間伐材でありますとか、あるいは主伐で切って残る残材ですね、そういうものがエネルギーとして活用できるということに着目をして、江津と松江に2つの木質バイオマスの発電所を設置することになったわけですね。それに伴いまして、そうした燃料として使える残材を流域で木材業者の方などが計画を立てまして供給するための機械等の整備などを行っておるわけでして、そういう意味で、県の資源を有効活用するのに大いなる貢献がされるわけでありまして、県としても必要な支援を引き続き行っていきたいというふうに思います。


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp