• 背景色 
  • 文字サイズ 

9月17日質問事項5

5特定国境離島
○山陰中央新報:何か日韓関係で、若干関連性があるんですが、一部報道、1カ月ぐらい前になるんですが、自民党のまとめた来年の通常国会に出す特定国境離島保全・振興特別措置法案ですね、この中で隠岐にそういうインフラ整備ですとか中小企業への振興策をてこ入れする、この中で自衛隊や海上保安庁を常設するような努力義務を盛り込んでいるという報道がありまして、以前、2年ぐらい前ですね、知事が隠岐に自衛隊の駐屯地もしくは分屯地を求めておられましたが、この件に関してはどう受けとめておられますでしょうか。
○溝口知事:国境離島を支援していく必要があるということは、自民党の中でもそういう動きがありますし、国会内の領土議連の中でもそういう考えがあり、国境離島というのは、いわば日本の国境を、人が住んでいるから守っているという効果があって、そういう面で、そういう特別な地域に対して国として支援をすべきだという動きが以前からありまして、最近になりまして国境離島の問題について、議員立法でしょうが、やっていこうという動きがあるということは承知しています。離島に、岩礁などは、これはまた別の話で、いわば岩礁が崩れないようにきちっと確保するとか、それから内陸で離島というのがあるわけですけども、そちらのほうとは違った立場から考えたほうがいいのではないかという声も国会内各党にあるようですから、我々にとってありがたいことなので、ぜひとも隠岐を含む国境離島に対する支援を強化してほしいと。
よく言われていますのは、隠岐などは動く国道である隠岐航路などの運賃が本土における鉄道運賃よりも4倍ぐらいですかね、高いので、そういうものも是正してほしいという要望が国境離島、隠岐などからも出されておりまして、そういう面にも配慮が及ぶということを期待をしております。


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp