• 背景色 
  • 文字サイズ 

9月8日質問事項11

11世界自殺予防デー
○朝日新聞:知事、済みません、世界自殺予防デー、あさって、10日にあって、1週間ほど自死予防週間というのも県内であると思うんですけど、島根県って全国で最初に「自殺」という言葉を「自死」って言いかえた県だと思うんですけれども、そういう県として特にこういうことに力を入れていきたいというような、もしお考えがあればお聞かせいただければと思います。
○溝口知事:自死について。
○朝日新聞:自死について。10日にその自殺予防デーというのもあるので。
○溝口知事:それは人口問題との関連で。
○朝日新聞:ちょっと済みません、別件ですけど。
○溝口知事:人口問題とは、どうですかね。人口のことはもうちょっと大きなコンテクストで考えるべき問題ですよね。自死のほうは、むしろそういう自死をされた方が家族におられて、やはり家族の思いと「自殺」という言葉が非常に違和感があって、そこはそういう自死という言葉のほうがいいといいますかね、そうすべきじゃないかという意見が出てまいりましてね、県の協議会でも議論した結果、そういうことにしましょうということで変えたということであります。
○朝日新聞:言葉をかえて、さらに何か力を入れていきたいというようなことがもしあればと思って。
○溝口知事:何についてですか。
○朝日新聞:ゲートキーパーを養成するとか、いろいろあるとは思うんですけれども、防止の点でということで。
○溝口知事:いや、人口問題の関連でですか。
○朝日新聞:また別なんですけど。10日にあるっていうことでお伺いしたいなと思いまして、世界自殺予防デーが。
○溝口知事:ちょっと、自死はそういう、自死をされた方々の思いを行政の言葉の中でそういう気持ちも配慮して使っていこうということを、皆さんの意見を踏まえてそういうふうにしたと、こういうことですね。


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp