• 背景色 
  • 文字サイズ 

8月22日質問事項5

5JR山口線運転再開
○山陰中央テレビ:知事、冒頭でもありましたけれども、あす、JR山口線が開通しますが、全線開通しますけれども、その期待感と、また一方で、江津の豪雨から1年がたちますけれども、まだ完全な復興、復旧とはいかない現状については、どうお考えでしょうか。
○溝口知事:何ですって、松江のほうで。
○山陰中央テレビ:JR山口線があす全線開通することへの期待感と、また江津の豪雨から1年がたちますけれども、その復旧、復興についてはどうお考えでしょうか。
○溝口知事:江津というのは三江線の話ですか。
○山陰中央テレビ:JR山口線と、はい。
○溝口知事:ちょっとあれでしたが、山口線の話でいえば、山口線が不通になりましてね、山口方面あるいは山陽方面から来られるということが難しくなりましたね。そして、SLの運行が一つの観光の重要なファクターですけれども、それがとまりましてね、津和野に来られる観光客の方が減りまして、これを早く直していくということが大事なので、早期の山口線の開通を要望しておったわけですが、予想よりも、予想といいますか、通常の方法よりも、県も一緒になって護岸の整備を行うとか、それにあわせて線路の復旧を行うとかやりまして早くできましたので、我々としては大変うれしいことだと、ありがたいことだと。
それで、SLが津和野まで来られますと、山口県との交流というのも深くなるわけでして、そこで山口−石見をつなぐ旅といったようなことで、山口県と一緒にPRをしていこうということですね。
そしてまた、来年のNHKの大河ドラマでは、萩を舞台にしたドラマができますね。そのときの主人公のお姉さんになる女優の方もこれに、式典に参加されますけれどもね、松下村塾の周辺を舞台にしたものでして、萩と津和野というのは同じ城下町でしてね、古い文化、武家文化が残っているところですから、そういう面で山口県の観光資源とのコラボレーションがさらに進んで、山口にも津和野にも多くの方が来られるように、我々も共同で、地元とも一緒になりまして観光PRを行っていこうと、こういうことです。


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp