• 背景色 
  • 文字サイズ 

5月23日質問事項3

3JR運転再開(石見観光振興)
○山陰中央新報:知事、済みません、冒頭の御発言の件で。
石見で観光キャンペーンという話があったんですけど、具体的にどういったことをされるんでしょうか。
○溝口知事:旅行商品をふやすとか、あるいはPRをしていくとか、いろいろありますね。
○山陰中央新報:その中で、それぞれの役割分担というんですかね、島根県、山口県、地元の市町ってあると思うんですが、そういう役割分担はどういうふうにしていこうとお考えですか。
○溝口知事:役割分担ということは。
○山陰中央新報:島根県も山口県もある、地元の市町というのもあると思うんですけど、キャンペーンを張っていく中で、それぞれどういった役割、島根県だったらこういったことをするとか。
○溝口知事:最初からそういう構図ができてるわけじゃないでしょうね。一緒にやったほうがいいものは、例えばSLみたいなものをどういうふうに運行するかとか、ダイレクトに関係しますのでね。
○山陰中央新報:キャンペーンは、萩・石見の2便化も当然生かしたもの。
○溝口知事:そうですね、そういうものも考慮に入れれますしね。

○山陰中央新報:ちょっとぴんとこないのが、SLが通じるわけですよね、津和野まで来るということなんですけど、それと石見というのを、大田まで入るわけですが、そうなるとちょっとエリアが広いんじゃないかなという気がするんですが。
○溝口知事:そこは具体的な問題ですから、それをどういうふうにやっていくかというのは、やっていく中で決めていくということですね。
○山陰中央新報:時期とかっていうのも決まっておられますか。
○溝口知事:今、既にそういう準備をしつつあるということです。

○山陰中央新報:山口線の再開の話はありましたけれども、三江線のほうは、再開に向けた状況はいかがでしょうか。
○溝口知事:三江線のほうは、たしか去年の暮れに、ことしの8月ぐらいだったかな、7月ぐらいに運転再開の見込みだという発表をしてると思います。


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp