• 背景色 
  • 文字サイズ 

4月17日質問事項6

EPA(豪州との経済連携協定)、TPP
○山陰中央新報:知事、EPA交渉、大筋妥結しましたけれども、和牛の関税、ほぼ半減ということですが、これは知事としては一定の評価をされておられるんでしょうか。
○溝口知事:評価とかどうかというのは、ちょっとわかりませんね。いろんな説明があるようですから。
○山陰中央新報:県としては、もうEPAが与える畜産への影響試算みたいなことはされてるんでしょうか。
○溝口知事:EPAの実施は多年度にわたってなされようとしているわけでありまして、これがさらにどうなるかというのはわかりませんが、農水省の説明などでは、品質を価格の分布なんかで国産牛肉との関連では競合が少ない分野だと説明されていますが、そこら辺を含め、実態をよくチェックする必要があると思いますね。
○山陰中央新報:TPPで米とか、一部関税が維持されるんじゃないかという報道も出てますけれども、その点、受けとめはいかがでしょうか。
○溝口知事:いや、受けとめというか、それは確認できませんから何とも言えませんね。


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp