• 背景色 
  • 文字サイズ 

2月10日質問事項7

7U・Iターンの推進
○中国新聞:知事、人口減少問題で、総合戦略、秋につくられるというんですが、もう既にこの補正予算から人口減少問題、どんどん力を入れるということで、今回もう637億もかけられるんですが、知事の中で将来的な人口というのは難しいんですけど、今回のこの予算によって、大体何人ぐらいのU・Iターンとか、500とか1,000とかざっくりしたものでもいいんですけど、ちょっと目標とかです、どのぐらいこの人口減の緩和ができるか、そういった今思いとか持っていらっしゃるのか、ビジョンみたいなものは。
○溝口知事:それはこれからですね。例えば企業誘致などですと、今、年間400人とか雇用がふえますけども、その助成金の額で見ると、たしか30億ぐらいになりますから、それは相当、もちろんそれは400人でも家族などがあり、また周辺にそこに納める企業も恩恵を受けますから、その波及効果などもありますから、具体的な数がどうなるかというのは推計をするほかないですね。だけど、今の企業誘致を見ても、それは相当なものがかかるわけでして、これからということじゃないですか。
○中国新聞:やっぱりそういうふうに今回、いろんな新規事業あるんですが、正直これまでのものをちょっと拡張したり拡大したりしたものが多いですし、また、国のほうもそんなに目新しい、そういった人口増の対策を何か打っていきたい中で、やっぱり島根県として地道に、もうできることをやっていくしかないというふうなことでこういった予算をつくられたと。
○溝口知事:いろんなことをやるということですね。ただ、ここは大きな概念で予算というのはできますから、細かい、具体的にどうするかというのは執行の段階で詰めていくということになりますね。さっきあった、どの地域まで一緒にするのかとか。予算というのは、そんなにかっちり詰まった計画じゃないわけです。一つの枠ということです。


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp