• 背景色 
  • 文字サイズ 

知事定例記者会見(8月12日)

「7月28日からの大雨による被害について」

 

○溝口知事

 それでは、会見を始めます。

 最初に、私から2点、コメントを申し上げます。

 1点目は、7月28日からの大雨による災害についてであります。

 7月28日以降、県西部を中心に大雨が続き、各地で大きな被害が発生をしました。被害を受けられた皆様に心からお見舞いを申し上げる次第であります。

 特に7月28日未明から大雨で津和野町は、当地の観測史上最大の降雨量を記録したのであります。この災害で行方不明者1名が発生しているところでありますが、現在も捜索を続けているところであります。

 道路の寸断によりまして217名の住民の方々が孤立状態に至りましたが、地元の皆様の協力、そして中国地方の自治体の防災ヘリ、島根県の防災ヘリも入っておりますけれども、鳥取県、広島市の防災ヘリも協力して救援に当たってくださいました。さらに自衛隊をはじめ消防、警察など関係機関の御努力によりまして孤立が解消いたしました。

 避難所におられる方につきましては、本日朝の段階で3名、避難所に避難をされていますが、今日中に公営住宅にお移りになるというふうに聞いております。この3名の方を合わせまして、自宅に帰宅できない方々は世帯数で7世帯、人数で12人というふうになっておりますが、いずれも町営住宅及び県営住宅などへ入居されておるということであります。

 自宅へ帰宅できない理由は、津和野町の川の上流の集落の方が多いわけでありますけれども、家屋が損壊を受けておるとか、あるいは家屋へ土砂の流入などがあって自宅に帰れないため公営住宅にお入りになっておると、こういう状況であります。

 政府におかれましては、安倍総理を初め関係大臣の方々など、現地を御視察をいただき、また迅速に激甚災害の指定をする方針も政府として発表されたところであります。私どもとしては、現地での応急復旧に懸命に取り組んでおりますが、引き続き地元とともに本格的な復旧、復興に全力を尽くす所存であります。

 

 

「しまね産業セミナー」

 

 それから、2点目でありますが、これは資料をお配りいたしておりますが、島根県の企業誘致のための産業セミナーでございますが、東京で8月の27日、ヒルトンホテル東京で開催をすることとしております。

 私もこのセミナーに出かけ、また商工労働部長は島根の立地のよさなどを説明をいたして、その後、島根へ立地をされておられる企業の方々から島根のよさなどを立地企業の立場から見て発表していただき、また、司会の方もそういう立地企業の方がされるということでございます。インターネットイニシアティブ、イーウェル、フェンリル、プロビズモの方々が参加をしてくださるということであります。

 この産業セミナーは、IT、ソフト産業を主体にして80社ぐらいが参加をする予定であります。近年、このソフト関係ではシェアードサービスといったことが言われております。各企業の総務部門を集約化してコスト低減を図る、そうした総務部門の展開を地方で行うという動きがあるわけであります。こういう候補地として島根も注目をされているということです。

 もう一つの動きとしては、IT企業のニアショアの開発と、オフショアといって海外などに開発の拠点等を開設することがありましたけれども、国内なので若干離れているけれども近いショアという意味で、ニアショアに開発拠点を置くと。東京などで本部の拠点がありますけれども、その中で一部のプログラミングなどをほかでやると、こういうことで島根、特に松江市などにおきましてはそういう拠点を求めて来られる企業もふえておるということであります。

 このパンフレットには書いてありませんけれども、今年はもう1カ所、企業誘致のためのセミナーを行うこととしておりますが、もう1カ所は10月28日、名古屋で中京圏の製造業、ソフト産業など100社にお集まりいただいてセミナーを開催する予定であります。

 私からのコメントは以上です。

 

 


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp