• 背景色 
  • 文字サイズ 

知事定例記者会見(2月6日)

「来年度当初予算、2月補正予算について」

 

○溝口知事

 それでは、定例会見を始めます。

 本日、議会の議会運営委員会で来年度当初予算案及び2月補正予算案を公表しましたので、概略を申し上げます。

 当初予算の規模は、5,272億円で、前年度と比較しますと40億円、0.7%の減であります。ただ、この中では公債費、それから制度融資が含まれておりまして、これを除く、いわゆる一般歳出では17億円の増、0.5%の増加となっております。

 それから、財政健全化の基本方針をもとに中期的な展望のもとに予算を毎年作成をしておりますけども、基金の取り崩し額は69億円の見込みでありまして、健全化の基本方針の目標、目安であります70億円に沿ったものとなっておるということです。

 内容としては、3つの柱がありまして、1つは県経済の活性化を図るため、地域資源を生かした産業振興を行うということであります。ものづくり産業への支援、観光の振興、IT産業の振興、あるいは農林水産業における6次産業化の振興、支援でありますとか、JAグループなどと連携して米、園芸、和牛等の飼育の振興、そういうものを重点として行っております。

 2番目としましては、県民の方々の生活の安定の向上、また子供の教育の支援強化ということで、医療、福祉、教育の面で充実を図っております。

 3番目としましては、やはり安全・安心な県土づくり、これは継続的にやっていかなければならない課題であります。これにつきましても、社会インフラ・公共施設の耐震化、長寿命化、ダム・堤防・河川改修の促進等、それから原子力災害、万が一の場合に備えまして放射線防護設備を防災拠点施設等に配備をするといった予算を計上しておるところであります。

 概要は以上であります。

 


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp