• 背景色 
  • 文字サイズ 

知事定例記者会見(6月20日) 

質問事項

4.サマータイムについて

 

○中国新聞

 サマータイムなんですけども、鳥取県が県の職員さんの早期、早目に仕事を始めたりとかいうような、そういう計画を明らかにされているんですけど、島根県で何かそういうお考えはないのかということを聞きたいんですが。

 

○溝口知事

 そういうこともあり得ますが、仕事をどう進めるかとか、県民の方のサービスという面もありますし、それから内部の事務的なあれであれば、別にサマータイムでなくても、中で取り決めればできることかもしれませんし、そこら辺はよく研究してみる必要がありますね。

 

○中国新聞

 今、特に今年導入しようというようなお考えは、まだないと。

 

○溝口知事

 今、そこまでは考えていませんね。

 やはりサマータイムのような話は、なかなか議論があるわけですけども、なかなか進まないのは一定の理由があるからですよね。多くの人が同じようにやらないと、うまく回っていかないというところがあるわけですよね。

 

だけど、個別にできることはやるというのは、一つの考え方かもしれませんが、しかし、それでは効果が限られているでしょうしね。それもやはり、そういう大きな問題はやはり国全体としてどうするかということも一つないと、なかなかビジネスの世界と関連しますし、あるいは公的なあれですと窓口をどういうふうにするかとかということもあるでしょうし。

 


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp