• 背景色 
  • 文字サイズ 

知事定例記者会見(3月29日)

■知事コメント

 

 それでは、定例会見を始めます。

 格別資料はありませんけども、冒頭、若干コメントを申し上げます。

 

 来週から新年度が始まるわけであります。新年度の新しい体制も、人事異動が終わりまして確定しているわけであります。副知事は松尾さんが退任をされて、小林淳一さんが22日に就任をされたわけであります。県政全般に対する豊富な経験を生かして、県政発展のために存分に活動していただきたいと、こう思っております。

 

 一般職の人事異動も、異動数が1,800人をちょっと超えるぐらいでありますけども、例年並みの異動であったということであります。

 組織としましては、しまね暮らし推進課、室を課にいたしまして、定住対策、中山間地域対策などを強化していこうということであります。

 

 それから、特別支援教育の充実ということが求められておりまして、これも室を特別支援教育課に格上げをしておるということであります。

 それから、これまで農業大学校ということでありましたが、県内の林業も大変重要な産業であります。林業の専攻科を備えておりますから、そういう特徴を明示するということで、名称の変更を行って農林大学校ということにしております。西日本では林業の専攻科があるのは、この島根の農林大学校、唯一であります。

 

 それから、原子力の災害、万が一の事態が生じたときの対策をいろいろ、昨年の大震災、原発事故以降、考えてきておりますけども、それも進行中でありまして、さらに多くの仕事がありますから、原子力安全対策課の内室として避難対策室を設けたということであります。

 

 今年の夏から神話博しまねが始まり、神々の国しまねプロジェクトが本格的に進行していく年でありますので、新しい体制のもとで、県庁一丸となってこうした課題に取り組んでいきたいというふうに考えております。

 

 私からは以上であります。

 


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp