• 背景色 
  • 文字サイズ 

12月(第1回)定例記者会見(12月12日) 

質問事項

3.大阪府の国の直轄事業負担金削減要求について

 

○共同通信

 大阪府の橋下知事が財政難を理由に国の直轄事業の負担金を2割程度削減するよう国に求めると表明されたんですけど、国が認めない場合、09年予算の計上も見送ると。ほかの都道府県にも協調を求めていくそうなんですが、島根県の対応と率直な御感想をお伺いしたいんですが。

 

○溝口知事

 国の直轄事業などにつきましては、島根県の場合は基幹の国道とか、あるいは斐伊川の水害防止のための上流におけるダムでありますとか放水路でありますとか、あるいは松江尾道線の高速道路だとか山陰道だとか、直轄事業というのは、このほとんどすべてが島根の、例えば経済発展にとって必要なものでありますし、あるいは災害防除にとって必要なものでありますから、国の直轄事業の進捗に合わせまして財源の手当ては行っていくというものでありまして、これを削減したりするつもりはありません。いずれも早い完成が求められているものであるということです。

 

 多分大阪とかでは、私は詳しいことは知りませんけども、ダムなんかで、まだよく考えてやってもいいんじゃないかといったような議論などもあって、そういうことと関連しているのかなと想像しますけども、詳細はよく知りません。それぞれの直轄事業の内容、あるいはいろんな社会的インフラの整備の状況などとも関連したことではないかと思います。

 

 


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp