• 背景色 
  • 文字サイズ 

9月(第1回)定例記者会見(9月10日) 

質問事項

3.自民党の総裁選について

 

○山陰中央新報

 今日、自民党の総裁選が告示されるわけですけど、5人が出馬して、いろいろ政見も発表されていますけれども、県知事としてはどのようなことを積極的に論じてもらいたい、あるいは新総裁に望むことというようなことが、新総裁は総理ということでもありますし、その辺に望むところがおありでしょうか。

 

○溝口知事

 そうですね、一つはやはりいろんな政策論議が候補者の間で交わされると、これは大事なことですね。

 それから他方で、最近の政治で大きな問題になっているねじれ国会といいますね、参議院での野党の多数、衆議院での与党の多数。次の衆議院選挙で衆議院の割合がどういうふうになるかということはわかりませんけども、今の与野党の体制が続くのであれば、ねじれ国会というのは続くわけですね。だから非常に難しいわけですね。

 

 だから、そういう難しい状況に対処できる人でないと、これまでと同じようなことが続くわけですから、だからそういうことができるかどうかというのももう一つの重要な要素でしょうね。つまり政策と現実の政局をどういうふうにマネジするか、政策と政局といいますかね。そうでないとなかなかできませんね。だから、その2つの要素を国民もよく見ておられるんじゃないかというふうに思いますね。

 

○山陰中央新報

 今回は特に経済政策、あるいは構造改革路線の是非といいますか、この辺が争点にもなっていると思うんですけれども、地方の立場から見て深めてほしい論点というか......。

 

○溝口知事

 地方の立場からいうと、政策においてはやはり大都市を中心としたこれまでのような発展というのは日本全体のためにならないので、もう少し地方部の発展を目指す政策ですね、格差是正という言葉よりも、格差があるから支援していくべきだということじゃなくて、日本の発展自体から見ると、そういう地方部を豊かにする方が日本の社会、あるいは経済を強くするのに必要なんだというような考えをぜひ政策の中に入れてほしいと思いますね。

 

○山陰中央新報

 溝口知事は自民党の党友、党員のいずれかであられますか。

 

○溝口知事

 いや、党友でも党員でもないと思いますけどもね。自民党からは選挙のときに推薦をいただいておりますね。

 


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp